マレーシア・ペナン島のペナン第2大橋が開通 東南アジア最長の橋

シェア

2008年よりペナン島で建設中だった、ペナン第2大橋(Penang Second Bridge)がこのほど完成し、いよいよ開通するそうです。

ペナン セカンド ブリッジ
(Photo by Malaysiana85)

この新しい橋は、マラッカ海峡を挟んでペナン島南部バトゥ・マウンとマレー半島側のバトゥ・カワンを結ぶもので、総延長は24kmと東南アジア最長の橋となります。海上部分は16.9kmあり、海面からの高さは30m、総工費は約45億リンギットかかったとのことです。


より大きな地図で ペナン第2大橋 (Penang Second Bridge) を表示

ペナン島と本土を結ぶ橋は既にペナンブリッジがありますが、こちらの長さは約13.5kmなので、新橋はそれよりも10km以上も長いということになりますね。

今月中は通行料が無料になるとのことですが、第1橋(ペナンブリッジ)との兼ね合いで無料期間が短縮される可能性もあるらしいので利用予定のある方は事前に確認して下さい。

来月以降の通行料についてまだ正式な発表が無いのですが、普通車の場合で7~10リンギット程度が予定されているようです。ちなみに、第1橋の通行料は普通車7リンギット、バイクが1.4リンギットなどとなっています。

新しい橋の西端はペナン国際空港からもすぐの場所で、ペナン南部とマレー半島側とのアクセスがかなり向上しますね。

ペナン国際空港の新ターミナル
ペナン国際空港ターミナル内の様子。

スポンサーリンク