ベトジェットエア、ホーチミン―シンガポール線を新規開設

シェア

ベトナムの格安航空会社ベトジェットエア(Vietjet Air)は、2014年5月23日より、ホーチミンとシンガポールとを結ぶ路線に新規就航することを明らかにし、航空券販売を開始しています。

(Photo by Chris Goldberg)

同社による国際線は、ホーチミン―バンコク、ハノイ―バンコク線に次いで3路線目となります。

運航は1日1便で、使用機材はエアバスA320(エコノミー180席)。現在発表されているフライトスケジュールは下記の通りです。

VJ8931 ホーチミン発08:50 シンガポール着11:40
VJ8932 シンガポール発12:40 ホーチミン着13:30

タンソンニャット国際空港とチャンギ国際空港間の直行便は既に、シンガポール航空、ベトナム航空、ジェットスター、タイガーエア、ライオンエアが運航していて、ベトジェットエアが6社目ということになります。

以前、同区間でタイガーエアを利用した際の様子は下記よりどうぞ。

関連記事: タイガーエア シンガポール―ホーチミン TR2328便 搭乗記

スポンサーリンク