LCCのマリンドエア、クアラルンプール・スバン―クアンタン線に就航

シェア

マレーシアのLCC、マリンドエア(Malindo Air)は、2014年7月23日よりクアラルンプール(スバン)とマレー半島東海岸のクアンタンとを結ぶ路線を新たに開設すると発表しています。

同社がクアンタンのスルタン・アーメド・シャー空港に就航するのはこれが初めて。同空港の定期便はファイアフライのペナン線とシンガポール線、マレーシア航空のKL線に次いでこれが4路線目となります。

使用機材はATR72-600(エコノミー72席)で、運航は日・月・水・木・金の週5便。現在明らかにされているフライトスケジュール(時刻表)は以下のようになっています。

OD1302 スバン発08:05 クアンタン着09:05
OD1301 クアンタン発09:25 スバン着10:25

マリンドエアは先月にもスバン~クラビー、ペナン~クラビー、ペナン~ジョホールバルなどに新規就航することを発表したばかりで、このところ路線拡大の動きが目立ちますね(関連記事)。

スポンサーリンク