マレーシアのマリンドエア、クアラルンプール・スバンとイポーを結ぶ路線に就航

シェア

マレーシアの格安航空会社マリンドエア(Malindo Air)は、2014年10月3日よりクアラルンプール(スバン)―イポー線を新規開設します。

昨日、タイガーエア・フィリピンがマニラ~クラーク間の短距離フライトを開設するとお伝えしたのですが(関連記事)、こちらの路線も直線距離200キロを切るという短い路線ですね。

運航は金・土・日の週3便、使用機材はターボプロップのATR72(エコノミー72席)。フライトスケジュールは以下のようになっています。

スバン→イポー
OD1322 SZB18:00 IPH18:50 金・日
OD1320 SZB08:30 IPH09:20 土

イポー→スバン
OD1323 IPH19:10 SZB20:00 金・日
OD1321 IPH09:40 SZB10:30 土 

現在イポー空港の定期旅客便はファイアフライ(Firefly)によるシンガポールとジョホールバルの2路線があるだけで、今回のスバン線が3路線目となります。

イポー空港
イポー空港(スルタン・アズラン・シャー空港)

クアラルンプール~イポー間は高速鉄道が走っていて、先日乗車したのですがKLセントラル駅からイポー駅までを約2時間半で結んでいます(関連記事)。また、運行本数の多いバスでも3時間程度で移動することが可能です。

スポンサーリンク