ルアンパバーンのメコンサンセットビューホテル宿泊記

シェア

ラオスのルアンパバーンでメコンサンセットビューホテル(Mekong Sunset View Hotel)に泊まったので紹介します。

ホテル外観

伝統的なラオス様式とフレンチコロニアルスタイルをミックスした建物が特徴。

予約

バルコニー付きのデラックスルーム(ダブル)を予約。今回2泊したのですが、料金は1泊当たり朝食付き5,800円(税・サ込み)でした。

フロント、ロビー
1階部分のロビーエリア。

ロケーション

ルアンパバーン市内中心部に位置し、ホテル名どおり部屋からもメコン川が見渡せる好立地に建っています。

周囲にはカフェ、マッサージ、旅行会社、雑貨屋、レンタサイクル店なども点在。

ベランダからの景観
ベランダからの眺望。木々が邪魔になってよく見えないものの、道路のすぐ向こう側はメコン川。

客室

ルアンパバーンには家族経営の小さなホテル・ゲストハウスが多いのですが、ここも全15室と小規模な宿です。

当日空きがあったためか、たぶんこの宿で一番よいと思われる2階コーナー部分の部屋を割り当ててもらえました。1階の部屋も見せてもらったのですが、そちらは多少薄暗かったので、予約やチェックインの際に2階希望ということを伝えておくといいかもしれません。

室内の様子
室内の様子。かなりゆったりとした造り。

室内の様子
部屋を取り囲むようにベランダがあり、窓からは心地よい風が入ってくる。

室内にはフリーWi-Fi、液晶テレビ、冷蔵庫、電気ケトルなどを完備しています。

WiFi接続速度
WiFi接続速度。ルアンパバーンではこんなもの。

机と椅子

歴史のある建物をそのまま使っているため、ところどころ建て付けの悪い部分も見受けられましたが、掃除は隅々まで綺麗にされていて好印象。

バスルーム

バスルームにはバスタブは無くシャワーのみです。お湯の出がやや弱かった以外は問題はありませんでした。

バスアメニティ類

バスアメニティ類も一応種類は揃っています。

朝食会場のテラス
朝食はホテルエントランス横のテラススペースで。

朝食メニュー
朝食メニュー。

ブッフェではなく、セットメニューの中からひとつを選ぶタイプ。この他、コーヒー・紅茶、ジュース、果物なども提供されます。時間は6時~11時半まで。

総評

ホテル外観

決して豪華ではありませんが、スタッフたちは常に笑顔ですし、チェックインの際にもウェルカムドリンクとフルーツのサービスがあるなど細かな気配りを感じました。

ウェルカムドリンクとフルーツ

メコン川沿いということで夜は静かという点もポイント。また、朝の托鉢もすぐ近くで見ることができます。

ルアンパバーン 朝の托鉢風景

特に大きな不満点も無く、このクラスのホテルとしては十分おすすめできる宿のひとつだと思います。

宿の看板犬
宿の看板犬。

予約・空室検索メコン サンセット ビュー ホテル

スポンサーリンク