エアアジアがeボーディングパス対象便を拡大

シェア

格安航空会社のエアアジアグループが携帯端末を使って搭乗できるeボーディングパス(e搭乗券)対象便を拡大しています。

同グループが展開する路線のうち、5月12日現時点でeボーディングパスが使えるのは下記の便。

・タイ、マレーシア、香港を出発する国際線
・タイ、マレーシアを出発する国内線
・フィリピンのマニラを出発する国内線
・インドネシアのジャカルタを出発する国内線

但し、フライスルーで予約した便、オーストラリア行きの便、一つの予約番号で複数人を予約した場合などは対象外とのこと。

例えば、タイ・エアアジアXのバンコク発成田行きでは使えるようになりましたが、その逆の成田発の便では今のところ未対応ということです。

搭乗券の印刷の手間が省けますし、対応路線・空港をどんどん拡大していって欲しいですね。eボーディングパスについての詳細は下記に掲載されていますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク