スクートがシンガポール―関空線を新規開設 バンコク経由便と高雄経由便の2路線

シェア

シンガポールの格安航空会社、スクート(Scoot)は新たに、大阪・関西国際空港への路線を開設すると明らかにしています。

シンガポール~バンコク~関空、シンガポール~高雄~関空の2路線で、いずれも週3便。就航日はバンコク経由便が7月8日より、高雄経由便が翌7月9日からとなっています。

使用機材はボーイング787-9(ビジネス35席、エコノミー340席)で、それぞれのフライトスケジュールは下記の通りです。

シンガポール→バンコク→大阪
TZ298 SIN09:05 DMK10:10 水・金・日
TZ298 DMK11:30 KIX18:50 水・金・日

大阪→バンコク→シンガポール
TZ297 KIX20:25 DMK00:05(+1) 水・金・日
TZ297 DMK01:15 SIN04:40 木・土・月

シンガポール→高雄→大阪
TZ288 SIN06:15 KHH10:25 火・木・土
TZ288 KHH11:35 KIX15:15 火・木・土

大阪→高雄→シンガポール
TZ287 KIX16:15 KHH18:55 火・木・土
TZ287 KHH20:05 SIN00:25(+1)  火・木・土

同社による日本国内の就航地は成田空港に次いで2か所目。

バンコク経由便については、当初予定していたタイのノックスクートが日本に就航できない状態のため、代わりに系列のスクートが路線を開設したという意味合いもあるのでしょうね。

スポンサーリンク