列車が1日上下1本だけ停車するパタヤ駅 

シェア

あまり知られていませんが、タイのリゾート地パタヤには鉄道駅もあります。

パタヤ駅
パタヤ駅。

但し、ビーチエリアからは結構距離がある上、バンコクから1日たった1本の列車しか運行されていないので利用者は多くありません。

パタヤ駅があるのはスクンビット通りの東側(スクンビット通りはバンコクからカンボジア国境まで続いています)。この辺りまで来るとパタヤと言ってもかなりローカルな雰囲気です。

駅長室、インフォメーション
駅構内の様子。駅長室、インフォメーションなど。

時刻表

時刻表が見当たらないなぁと思っていたのですが、よく見ると壁の上の方にタイ語でのみ掲示されていました。ただ、これは古いスケジュールのようで、現在のものとは若干異なっています。タイ国鉄の公式サイトで調べてみると、最新のものは以下のようになっていました。

バンコク発06:55 パタヤ着10:34
パタヤ発14:21 バンコク着18:15

バンコク・フアランポーン駅から4時間近くも掛かるのですね。運賃は31バーツ(約110円)と激安ですが、バンコク~パタヤ間はバスだと2時間程度の距離です。

列車が徐々に近づいてくる

バンコクからの列車がやってきました。

列車が入線

徐々に近づいてきます。タイの駅ってどこも花が植えられ、結構綺麗に手入れされていますよね。

列車が入線
ほぼ定刻通りに到着。

バンコク~バーンプルータールアン

車両に取り付けられている行先票を確認するとパタヤが終着ではなく、ウタパオ空港近くのバーン・プルー・ター・ルアンという駅まで行くようです。

降りる客はちらほら

この日は30~40人がここで降りました。もっと少ないのかと思っていたのですが、意外と乗客がいました。

外国人旅行者の姿も
外国人旅行者もバックパッカーを中心に10人くらいが下車。

ソンテウ

列車の到着に合わせパタヤ中心部行きのソンテウが運行されます。料金は一人30バーツ。

タイ国鉄の車両

これを利用する人に急いでいるような人はほとんどいないでしょうから、全体にのんびりとした平和な雰囲気が漂っています。もう何年もタイ国鉄の列車に乗っていませんが、久しぶりにどこかに行って見たくなりましたね。

スポンサーリンク