スクンビット・ソイ15のモーベンピックホテル宿泊記

シェア

バンコク・スクンビットのソイ15に建つ新しいホテル、モーベンピックホテルに泊まったので紹介します。

正式名称は、モーベンピックホテル・スクンビット15・バンコク(Mövenpick Hotel Sukhumvit 15 Bangkok)

ホテル外観
ホテル外観。

以前当サイト内でも紹介したのですが、このホテル、当初はラマダ系列のホテルとしてオープン。その後すぐにリブランドされ、モーベンピックグループとなりました。同ブランドとしてはバンコク初進出のホテルです。

ロケーション

スクンビット通りからソイ15に入って400メートルほど進んだ左側。

スクンビット通りまでは徒歩6~7分。最寄り駅のBTSアソーク駅や大型ショッピングセンターのターミナル21までは徒歩10分ほどです。

予約

オープン記念のプロモーションとして、1泊朝食付き2,200バーツ(税・サ込み)という破格値が出ていました。しかも、部屋は一番安いスーペリアではなく、その上のデラックスルームとの条件。

館内の様子

ホテルは2棟に分かれていて、南側がビルディング1、北側がビルディング2と呼ばれています。

客室

館内の様子

今回アサインされたのはビルディング1の6階の部屋。

客室

室内は約32平米と平均的な大きさで落ち着いた雰囲気の内装。オープンしたばかりなので当然ですがどこもピカピカ。新築の建物に特有な臭いもなく快適です。

室内の様子
ベッドは広々としたキングサイズ。書き物机もしっかりした造りで十分な大きさ。

シースルータイプのバスルーム

寝室とバスルームの間は最近のホテルでは一般的なシースルータイプ。もちろんブラインドを下ろすことも可能です。

電気ケトル、コーヒー、紅茶など
電気ケトル、コーヒー、紅茶など。

ミニバー
ミニバー。

室内のインテリア・調度品は安っぽいということもないですが、高級感があるという感じもしませんでした。

クローゼット内
クローゼット内にはセーフティボックス、アイロン、アイロン台などを完備。

6階の客室からの眺望

周囲に高い建物が少ないため、6階の部屋からでも眺望は良好です。

宿泊者が少なかったせいかもしれませんが、インターネットも終始快適に使えました。

インターネット接続速度
試しに速度を計ってみたところ、下り28Mbps以上。

バスルーム

バスルーム

バスルームは比較的広く、バスタブとシャワーブースがセパレートしているタイプです。

トイレ
トイレはウォシュレット無し。(タイで一般的なホース式は付属)。

シャワーブース

シャワーブースには大型のレインシャワーとハンドシャワーの両方を備えていました。

バスタブ

バスタブは結構深さもあり、日本人にとって使いやすいと思います。

バスアメニティ類

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、石鹸、綿棒、シャワーキャップ、歯ブラシ・歯磨きセットと、バスアメニティ類は一通り揃っています。

朝食

朝食会場の様子
朝食はビルディング2の1階で。

朝食会場の様子

この時は急いでいたためのんびりとは食べられなかったのですが、スペースもゆったり取られ、結構良い雰囲気です。

朝食
品数も豊富で、味も及第点。

朝食会場

奥に見えるのがレセプション。2つの建物の間は中庭になっています。

館内施設

レジャーファシリティは全てビルディング2側にあります。

エレベーター内

プールとルーフトップバーが8階、フィットネスは7階。エグゼクティブラウンジは6階。

屋外プール

プールエリアは緑も多く環境は良いのですが、ホテルの規模・格を考えるとスペース的にはかなり狭め。プール自体も変則的な形をしていて、本格的に泳ぐのには全く適していません。

屋外プール
この時は雨が降っていたこともあり、利用者はゼロ。

フィットネスルーム

フィットネスルームもそれほど大きくありません。種類は限られますが、新しい分マシンは最新式。

総評

8階建てということで、バンコクのホテルとしては比較的低層のホテルに区分けされますが、個人的に高層大型ホテルが好きではないので、そういう意味では好みのホテルでした。

自分が泊まった7月中旬の時点ではエレベーター部分などで一部工事が続いていました。ソフトオープンということで安く泊まれたのかもしれません。

ルームキー
変更が間に合わなかったのか、ルームキーも以前のラマダの物をそのまま使用。

また、開業したばかりで仕方のない面もあるのかもしれませんが、各スタッフもまだゲストの扱いになれていない感じも。ただ、みんな笑顔でフレンドリーですし、対応はすごく良かったです。

前述のようにスクンビット通りからは微妙に距離があります。但し、アソーク駅まではトゥクトゥクによる無料送迎サービスが24時間受けられます。反対に、駅やターミナル21、ロビンソンあたりからも電話をすれば迎えに来てもらえるということなので、これは有効に使いたいところですね。

ホテル専用のトゥクトゥク
ホテル専用のトゥクトゥクに乗ってターミナル21へ。

ホテルの建つソイ15は、ソイの入口付近まで行かないと商業施設は少ないのですが、ホテルの隣の建物には大型のセブンイレブンとマッサージを併設。

スクンビット・ソイ15のセブンイレブン
ホテル隣のセブンイレブン。ここは広くて品数も豊富。買い出しにはもってこい。

すぐ近くのロイヤルプレジデントの敷地内を通れば隣のソイ13にも抜けられます。

ロイヤルプレジデント

また、このソイはタクシーの抜け道となっているようで、タクシーが次から次へと通ります。そのため簡単にタクシーを捕まえられるという大きな利点もありました。こういうのは実際に泊まってみないとなかなか気づかないことですね。

一応5つ星ホテルになっていますが、全体的に4つ星程度というのが正直なところでしょうか。ただ、今後の料金次第では十分おすすめできるホテルだと思います。

詳細・料金検索モーベンピックホテル・スクンビット15・バンコク(Mövenpick Hotel Sukhumvit 15 Bangkok)
住所: 47 Sukhumvit 15, Sukhumvit Road, Klong Toei Nuea, Wattana, Bangkok Thailand 10110
電話: +66 2 119 3100

スポンサーリンク