台湾桃園国際空港内のエバーグリーントランジットホテルが10月1日で営業を終了

シェア

台湾桃園国際空港第2ターミナル内にあるエバーグリーントランジットホテル(Evergreen Transit Hotel)が10月1日をもって閉館するようです。

長榮轉機旅館(台灣桃園機場)

施設のわりに料金は高め、というのがここ数年の個人的な印象でした。台北での乗り継ぎの際に他の選択肢がそれほど多くないため、立地重視でここに泊まるという方も多かったのではないかと思います。

アナウンスを見るとターミナルの「營運型態變更」が理由となっているので、今後新たな別の施設ができるのかもしれませんが、とりあえず10月以降空港から一番近い宿泊施設はノボテルということになります。

関連記事ノボテル台北桃園国際空港宿泊記

ここは無料シャトルバスも頻繁に運行され、新しくて室内設備なども申し分ないのですが、トランジット用としてはいかんせん料金が高いのが玉に瑕ですね。

エバーグリーンインターナショナルズによる公式アナウンスは下記を参照して下さい。

スポンサーリンク