マレーシアのマリンドエアがオーストラリアに初就航 11月よりクアラルンプール―パース線を開設予定

シェア

マレーシアの格安航空会社マリンドエア(Malindo Air)が今年11月からクアラルンプール~パース間の直行便を新たに開設するようです。

マリンドエアがオーストラリアに就航するのは初めて。これで同社のネットワークはマレーシア、インドネシア、インド、タイ、シンガポール、ネパール、バングラデシュと合わせ、計8か国に広がることになります。

パース線の運航は1日1便~2便の週11便体制で、使用機材はボーイング737-900ER(エコノミー168席、ビジネス12席)。フライトスケジュールはまだ正式に発表されていないものの、地元メディアなどで報道されている情報によると以下を予定。

(追記:正式なスケジュールが発表されたため修正します。11月中は週7便で、12月以降増便するようです)

クアラルンプール→パース (2015年11月19日~)
OD151 KUL08:25 PER14:10
OD155 KUL23:15 PER05:00(+1) 月・木・金・日

パース→クアラルンプール (2015年11月19日~)
OD152 PER15:00 KUL20:55  
OD156 PER07:00 KUL12:55 月・木・金・日

同区間は既にマレーシア航空とエアアジアXが就航済みでマリンドエアが3社目ということになります。

マリンドエア ボーイング737-900ER機内の様子
マリンドエア機内の様子。

関連記事: マリンドエア クアラルンプール―バンコク OD520便 搭乗記

また、同社公式サイトも本日からリニューアルされています。

スポンサーリンク