クアラルンプール国際空港KLIA2内のプラザプレミアムラウンジ宿泊記

シェア

マレーシアのクアラルンプール国際空港でトランジットした際に、KLIA2(ターミナル2)内にあるプラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)に泊まったので紹介します。

プラザプレミアムラウンジ

プラザプレミアムラウンジはその名の通り通常は「ラウンジ」としての利用がメインですが、ここはナップルーム(Nap Room)という宿泊可能な部屋も備えているのが特徴。というか、全部で24室もあって、むしろ宿泊に特化しているといってもいいのかもしれません。

KLIA2にはエアサイド(制限エリア)にもプラザプレミアムラウンジがありますが、宿泊施設を備えているのはメインターミナルに直結したgateway@klia2(ゲートウェイ@klia2)という建物内の店舗。パブリックエリアですので誰でも利用することができます。

予約

公式サイトよりもホテル予約サイトを通したほうが千円以上安かったため、Agodaで予約。滞在可能時間によって幾つかプランがあります。今回はスイート10時間(Suite – 10hours)タイプを選択。料金は1泊約6千円(税・サ込み)でした。

これには10時間分のナップルームの使用、ラウンジでの飲食、Wi-Fi使用料などが含まれています。滞在中はラウンジに自由に行き来でき、食べ放題・飲み放題という感じになります。

(※名前の付け方が紛らわしいですが、スイートというのはここでは1番安いシングルルームタイプの部屋を指しています。)

ロケーション

立地はgateway@klia2のレベル2M(2M階)。到着フロアが2階、出発フロアが3階ですので、ちょうどその間のフロアですね。

KLIA2フロアマップ
gateway@klia2のフロアマップ。レベル2Mのところにベッドのアイコンが描かれている。

レベル2Mのフロア案内。右上の緑の部分がプラザプレミアムラウンジ。

プラザプレミアムラウンジ外観
外観。

ラウンジのある場所がメインターミナル寄りなのでエアアジアなど航空会社のチェックインカウンターまでは徒歩3~4分という近さです。

レセプション
レセプション付近の様子。

レセプションでパスポートを提示しチェックイン。午後8時に入店したため、チェックアウト時間は10時間後の翌朝午前6時だと告げられます。これだけあれば、食事やシャワーの時間を除いても十分睡眠を取ることができます。

それでは、本日泊まる部屋に向かいます。

廊下
ナップルームエリアの様子。廊下の両側に個室が並ぶ。

室内の様子

ドアを開けると、こんな感じ。

室内の様子

左に椅子と机、中央奥がバスルーム、右側にベッド(部屋によりレイアウトは異なります)。

ベッド

ベッドはシングルサイズで、下には収納棚も。長さが180cm程度しかないので長身の方は少し窮屈に感じるかもしれません。

読書灯
読書灯も付いている。

室内の様子
これはベッド側から撮影。

スイッチ類、電話
エアコンのコントローラーと電話。

デスク、ドリンキングウォーター
無料のドリンキングウォーター2本付き。

部屋内のコンセントはマレーシアで一般的な3穴のBFタイプですが、上記写真のようにテーブル横にはAタイプも使えるマルチタイプのコンセントも設置されていたので変換プラグを持っていなくても心配はいりません。

バスルーム

バスルーム

部屋の中にバスルームがついているのはやはり便利でした。

洗面台、トイレ
スペース的にも結構広く、オープンして間もないこともあって、隅々まで清潔。

シャワー

バスタブは当然無く、シャワーのみ。レインシャワーと手持ち式の2タイプ。シャンプー、ボディソープが付属しています。湯量・湯温は問題無し。ただ排水はイマイチでしたね。

ドライヤー、使い捨てスリッパ、アメニティ類など

洗面台の下の引き出しに、ドライヤー、使い捨てスリッパ、ティッシュ、紙コップ、バスアメニティ類が入っていました。

バスアメニティ類

バスアメニティはクシ、髭剃り、歯ブラシ&歯磨き粉セット、綿棒、シャワーキャップなど。もちろんバスタオルも用意されていますし、これだけあれば十分です。

ラウンジの様子

ラウンジエリアの様子

シャワーを浴びすっきりしたところで、食事を採りにラウンジのダイニングエリアへ行きます。

ラウンジエリアの様子

食べ物は、パン・デニッシュ類、ご飯、シリアル、ミニサイズのラクサ、パスタ、インスタントヌードル、魚や野菜の炒め物、フルーツ2~3種類程度。

パン、シリアル、フルーツなど
パン、デニッシュ、フルーツなど。

食べ物、ビールなど

飲み物はコーヒー、紅茶、オレンジジュース、ペットボトルの水など。アルコール類はビール(タイガー)だけでしたが、マレーシアはビールが高いので有り難かったです。

ドリンク類、ヨーグルトなど

時間帯によってメニューは一部変わるようで、朝行ってみるとお粥やヨーグルトなども用意されていました。

総評

KLIA2のパブリックエリアにある宿泊施設の中でもメインターミナルから最も近い場所に位置しているという、その立地の良さがなんといっても一番の魅力ですね。

メインターミナルの到着フロア・出発フロアへは共に徒歩2~3分という距離なので、早朝便などを利用する際にも、出発のぎりぎりまで休憩することができます。

ラウンジ前のエレベーター
ラウンジ正面にエレベーターとエスカレーターがある。

上記画像で表示されているように、空港とクアラルンプール市内中心部とを結ぶ電車のKLIAエクスプレス駅までも徒歩2分程度とアクセスも抜群(エスカレーターで2階に降りれば目の前が駅)。

マイナス点としては、客室のドアの密閉性がイマイチなようで、外の音が少し気になったことぐらいでしょうか。

今回自分が泊まったスイート(シングル)以外にも、スタジオ(ベッド2台)、トラベラー(ベッド4台)、ファミリー(ベッド4台)などの部屋タイプが用意されているので、カップルや家族連れでも利用しやすいと思います。

フロア案内
館内見取り図(クリックで拡大可能)。

KLIA2には隣接してチューンホテルKLIA2(宿泊記)もあります。料金的には通常1泊5~6千円ぐらいでどちらも大差はないですね。

両方に泊まってみての感想ですが、プラザプレミアムラウンジのほうが部屋は狭いものの、食事が付いているという事に加え、場所的に各航空会社のチェックインカウンターへもすぐなので、こちらのほうが便利かなという印象を持ちました。

外観

もう少し料金が安ければというのはありますが、乗り継ぎ時間もそれほどなくわざわざKL市内まで出るのはちょっと、という方には利便性の高い、おすすめのできる宿泊施設だと思います。

予約・空室検索プラザプレミアムラウンジ gateway@klia2
住所: Kuala Lumpur International Airport 2, L2M-2,3,4 & 5, Level 2M, Gateway @ KLIA 2
電話: +603 4065 0156

スポンサーリンク