タイ・エアアジア、5月末よりバンコク―汕頭線に新規就航

シェア

格安航空会社のタイ・エアアジア(Thai AirAsia)は、2016年5月27日からバンコク・ドンムアン空港と中国・汕頭の掲陽潮汕空港を結ぶ路線を開設すると明らかにしています。

汕頭の東側に隣接する潮州を含め、タイ在住華人の多くがこの地域出身ということもあり、中国からのインバウンド旅行者だけでなくタイからの利用も多く見込まれる路線となるのではないでしょうか。

運航は1日1便で使用機材はエアバスA320型機(エコノミー180席)。現在発表されているフライトスケジュールは以下の通りです。

バンコク(ドンムアン)⇔汕頭 (2016年5月27日~)
FD0850 DMK06:20 SWA10:30 毎日
FD0851 SWA11:15 DMK13:40 毎日

ちょうど本日から、マレーシアのエアアジア(AK)がクアラルンプール~汕頭線を開設(週4便)していて、エアアジアグループによる汕頭線はこれで2路線となりますね。

関連記事エアアジア、3月25日よりクアラルンプール―汕頭線を開設

スポンサーリンク