バニラエア、スクート、セブパシフィックなどのLCCが航空連合の設立を計画

シェア

日本のバニラエア、シンガポールのスクート、フィリピンのセブパシフィックなどの格安航空会社が新たな航空連合(エアライン・アライアンス)の設立を計画しているようです。

日本経済新聞系列のNikkei Asian Reviewが伝えているもので、それによると、バニラエア、スクート、セブパシフィックに加え、タイのLCC1社も参加する予定。さらに今後、他の格安航空会社にも参加を呼び掛けていくとのこと。

Nikkei Asian Review – Budget airlines planning Asian alliance

専用サイトを作り予約が一括して可能になるほか、加盟航空会社間の乗り継ぎの際にはバゲージスルーができるようにすることも検討しているようです。

5月16日追記:バニラエアが公式アナウンスを発表しています。世界初、アジア太平洋地域における多国間LCCアライアンスが誕生します

アジアではエアアジア、ジェットスター、タイガーエア、ライオンエアなどがそれぞれ複数の国に拠点を置き、系列航空会社を展開していますが、今回の動きはそれらに属していない航空会社による対抗措置という感じもしますね。そうなると、記事中に挙げられているタイのLCCはノックエアということでしょうか。

スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどレガシーキャリアでは一般的な航空連合ですが、LCCによる航空連合というのは珍しいですね。

スポンサーリンク