シンガポールで自動運転タクシーが試験サービスを開始

シェア

本日からシンガポールで自動運転による無人タクシーが走り始めたそうです。

これは、nuTonomy(ヌートノミー)というアメリカのベンチャー企業が開発したもので、乗客はスマホの専用アプリを使って、タクシーを呼び出したり目的地を決めたりすることができるとのこと。

nuTonomy
nuTonomy

但し、現在は試験段階のため誰でも利用できるというわけではなく、乗ることができるのはあらかじめ選ばれたシンガポールの住民に限定。運行エリアもシンガポール中部のワン・ノース地区内だけとなっています。

それでも、実際に客を乗せた自動運転タクシーが公道を走るのは世界初となるようです。

自動運転タクシーに使用している車は三菱の電気自動車アイ・ミーブ(i-MiEV)をべースにしたものとルノーのゾエ(ZOE)をベースにしたものの2タイプ。

年末までには運行台数を数十台規模にまで増やし、エリアも拡大する予定で、2年後の2018年中には誰でもどこでも利用できるようにする計画です。

詳細は以下のプレスリリースよりどうぞ。

nuTonomy – Press Releases

スポンサーリンク