マレーシア航空、中国路線を大幅に拡大へ

Pocket

マレーシア航空(Malaysia Airlines)が今年末より中国路線を拡大していく計画を発表しています。

予定されている新規路線は以下の通り。それぞれの運航開始時期や運航頻度も明らかにされています。

  • クアラルンプール~海口 2016年12月(週2便)
  • クアラルンプール~南京 2017年4月(週3便)
  • クアラルンプール~福州 2017年4月(週3便)
  • クアラルンプール~武漢 2017年8月(週3便)
  • クアラルンプール~成都 2017年10月(週5便)
  • クアラルンプール~重慶 2017年10月(週3便)
  • コタキナバル~天津 未定(週2便)
  • ペナン~深セン 2017年8月(週3便)
  • ペナン~上海 2017年8月(週4便)

またこれと併せて、クアラルンプール~香港線の機材の大型化(2017年1月~)及びクアラルンプール~上海線を1日2便に増便(2017年4月~)することも発表。

2014年に起きたMH370便の墜落事故後、マレーシア航空は路線・便数の縮小が続いていましたが、今年7月に新たなCEOが就任してからは方針を転換。アジア路線を中心に路線を拡大することを明言しています。

関連記事マレーシア航空、ペナン発着でコタキナバルとクチンへの路線を開設 11月18日より

詳細は以下のプレスリリースよりどうぞ。

Malaysia Airlines expands reach in China

Pocket

マレーシア航空公式サイト