ハノイのBRT(バス高速輸送システム)が2017年1月より運行を開始

シェア

ベトナムの首都ハノイでBRT(バス高速輸送システム)が運行開始することになりました。

ハノイBRT
ハノイBRT公式サイトより

地元メディアのTuoi Tre Newsなどが伝えているもので、既に今週から試験走行を始めたとのこと。

Tuoi Tre News – Challenges await Hanoi Bus Rapid Transit system as launch nears

路線は日本人在住者も多いキムマー地区のバスターミナルからハノイ南西部郊外のイエンギアを結ぶ1ルートのみ。

走行ルートは、キムマー・バスターミナル~ザンボー通り~ランハ通り~レヴァンルオン通り~トーフー通り~レチョンタン通り~国道6号線~イエンギア・バスターミナル。

全長14.7km間にバス停は計23か所。90人乗りの大型バスを使用し、運行間隔は5分に1本。キムマー~イエンギア間の所要時間は45分を予定。

Hanoi BRT Routes

運賃は乗車1回当たり7,000ドン。この他にスマートパスと呼ばれる月額定期券、学生定期券なども今後用意されるとのこと。

BRTの導入は当然ハノイの渋滞緩和が主目的となりますが、専用レーンではなく大半は一般レーンを走るということもあって、上記記事を読む限りではその効果は疑問視されているようですね。

スポンサーリンク