タイ・スマイルがドンムアン空港から撤退へ バンコク発着便はスワンナプーム空港に統一

シェア

タイ国際航空系列のタイ・スマイル(Thai Smile)が、2017年1月15日でドンムアン空港を発着する全便を取りやめるようです。

同社公式サイトで確認すると、既に1月16日以降は予約ができない状態となっています。

タイ・スマイル フライト検索画面
タイ・スマイル フライト検索画面

現在同社はドンムアン空港からチェンマイ(1日4便)、プーケット(1日3便)、コーンケーン(1日3便)の国内線3路線を運航していますが、今後バンコク線は国内線・国際線問わず全てスワンナプーム空港を発着するということになります。

フライトスケジュールを検索してみると、ドンムアンから撤退するかわりにチェンマイ線とコーンケーン線についてはスワンナプーム空港発着便を増やし、1月16日以降はそれぞれ以下通りに。

バンコク(スワンナプーム)~チェンマイ 5便→9便
バンコク(スワンナプーム)~プーケット 6便のまま
バンコク(スワンナプーム)~コーンケーン 6便→8便

タイ・スマイルは以前はバンコクではスワンナプーム空港のみを使用していましたが、2014年8月よりドンムアン空港を発着する上記3路線を開設したという経緯があります。

同じ路線でもドンムアン発着とスワンナプーム発着があるという状態は利用者にはわかりにくかったですし、運用面でも無駄が多かったでしょうから、今回の決定は仕方がないのかもしれませんね。

Thai Smile

2016年12月24日追記:タイ・スマイルfacebookページ上でも正式にアナウンスされています。

スポンサーリンク