ベトジェットエア、ハノイ―ヤンゴン線に新規就航 同区間初のLCC直行便

ベトナムの格安航空会社ベトジェットエア(Vietjet Air)は、2017年8月31日よりハノイとミャンマーのヤンゴンを結ぶ直行便を開設すると発表しています。

ベトジェットエア ハノイ~ヤンゴン線に新規就航
ベトジェットエア公式サイトより

1日1便のデイリー運航で、使用機材はエアバスA320(エコノミー180席)。予定されているフライトスケジュールは下記の通りです。

ハノイ⇔ヤンゴン (2017年8月31日~)
VJ917 HAN12:05 RGN13:30 毎日
VJ918 RGN14:30 HAN16:55 毎日

同路線は現在ベトナム航空とエミレーツ航空が就航していますが、LCCとしてはこれが初めて。既に航空券の販売も開始され、プロモーションも行なわれています。

ベトジェットエアによるミャンマー路線はホーチミン~ヤンゴン線に次いで2路線目です。

関連記事ベトジェットエア ホーチミン―ヤンゴン(VJ831便)搭乗記

なお、エミレーツ航空は7月よりドバイ~ハノイ線を直行便に切り替え、代わりにドバイ~ヤンゴン~プノンペン線に就航することが決まっています。

関連記事エミレーツ航空、7月よりドバイ~ヤンゴン~プノンペン線を新たに開設