チャンギ空港ターミナル4、路線バスは4系統が乗り入れ

シェア

シンガポール・チャンギ国際空港の新しいターミナル、ターミナル4(T4)が10月31日にオープンすることは先日お伝えしましたが、それに先立ち10月22日より空港~市内間の路線バスが新ターミナルにも乗り入れることが発表されています。

チャンギ空港ターミナル4
チャンギ空港ターミナル4

市内~ターミナル4間を結ぶのは以下の計4系統で、110番バスのみ新設。残りの3つは現在チャンギ空港の他のターミナルにも停車している路線となります。

110番 
チャンギ空港~センカン(Senkang)

24番 
チャンギ空港~アン・モ・キオ(Ang Mo Kio)

26番
チャンギ空港~プンゴル(Punggol)

36番
チャンギ空港~トムリンソンロード(Tomlinson Road)

このうち上記3つはシンガポール在住者向けの路線ですが、一番下の36番バスはカトン、マリーナ地区、オーチャードロードなどを通るため外国人旅行者の利用も多いですね。

なお、現在チャンギ空港~市内間で運行されている残りの3系統(27番、53番、858番)については今後もターミナル4には停車しないとのこと。これら路線もローカル向けですので乗車される方はあまりいないとは思いますが、一応ご注意下さい。

シンガポール陸上交通庁による公式アナウンスは以下よりどうぞ。

JOINT NEWS RELEASE – ENHANCED BUS ACCESSIBILITY WITH THE OPENING OF CHANGI AIRPORT TERMINAL 4

関連記事: シンガポール・チャンギ空港のターミナル4、10月31日より供用開始

スポンサーリンク