シンガポール・チャンギ空港のターミナル4、10月31日より供用開始

シェア

シンガポール・チャンギ国際空港の新しいターミナル、ターミナル4(第4ターミナル)が2017年10月31日より正式に供用開始されます。

チャンギ空港ターミナル4 2017年10月31日に供用開始
チャンギ空港facebookページより

以前お伝えしたように、まずは以下の9社がこのターミナルを利用することが決まっています。

  • キャセイパシフィック航空
  • ベトナム航空
  • 大韓航空
  • セブパシフィック航空
  • 春秋航空
  • エアアジア(AK)
  • インドネシア・エアアジア(QZ)
  • タイ・エアアジア(FD)
  • フィリピン・エアアジア(Z2)

航空会社によりターミナル移転日が異なっている点にはご注意下さい。

10月31日: キャセイパシフィック航空、大韓航空
11月2日: セブパシフィック航空、春秋航空
11月7日: エアアジアグループ、ベトナム航空

既に6月より一部便で試験運用が行われてきましたが、正式開業時としての初便はキャセイパシフィック航空による香港発のCX659便、出発便は香港行きのCX650便とのこと。

なお、現時点でスカイトレインはターミナル4には乗り入れていないため、他のターミナルからの移動には無料シャトルバスを利用することになります。

チャンギ空港による公式アナウンスは下記よりどうぞ。

Changi Airport’s new Terminal 4 scheduled to commence operations on 31 October 2017

スポンサーリンク