スクンビット地区のおすすめホテルをエリアごとに紹介

バンコクの宿泊先として日本人旅行者に一番人気が高いのがスクンビット地区です。

スクンビットと一口に言ってもその範囲はかなり広いのですが、特にホテルが集まっていて初心者にもおすすめできるのがナナ、アソーク、プロンポンという3エリア。大通りのスクンビット通りに沿う形でBTSと呼ばれる高架鉄道が走っていて、駅が各エリアの中心となっています。

スクンビット通り
スクンビット通り(プロンポン駅周辺)

人気の理由として、近くにBTS駅やMRT(地下鉄)駅があるため移動に便利な点、ショッピングスポットや飲食施設が充実している点、さらにナナプラザやソイ・カウボーイをはじめとしたナイトスポットが充実している点などが挙げられると思います。

ここ数年、スクンビットの開発はどんどん東に拡大していて、この3地区よりも東側のトンロー、エカマイ、プラカノン、オンヌットといった地区にも外国人旅行者向けの新しい宿泊施設が次々と誕生しています。

ただこれらエリアはどちらかというと長期滞在者・在住者向けのサービスアパート・レジデンスが目立ち、また駅からは距離があるケースが多いのが特徴。さらに、王宮・ワットプラケオ、ワットポー、ワットアルンといったバンコクの主要観光地であるチャオプラヤー川沿いのエリアからはかなり離れてしまうため、これらを総合的に考慮して今回は上記3地区に限定しました。

バンコクのBTS
バンコクのBTS

バンコクを何度も訪れている方であれば定宿と呼べるようなお気に入りのホテルを持っている方が多いでしょうから、ここでは主にバンコク初心者を意識してなるべくアクセスが良く尚且つ評判の良いホテルを選んだつもりです。

スクンビット中心部は人気が高い分、バンコクでも最もホテル料金の高いエリアとも言えます。今回は料金別に格安ホテル(目安:1泊3千円~6千円)、中級ホテル(目安:1泊6千円~1万円)、高級ホテル(目安:1泊1万円以上)の3種類に分け、各エリア共にそれぞれ3軒づつピックアップしました。

基礎知識として、スクンビット通りから南北に伸びる道路はソイと呼ばれ、北側に伸びるソイには奇数番号が、南側には偶数番号が振られています。さらに、スクンビットでは東に行くに従いその数字が大きくなっていくということを覚えておくと、宿泊した際に位置関係を把握しやすいと思います。

前書きが長くなってしまいましたが、それではナナ地区、アソーク地区、プロンポン地区と順に紹介していきます。

ナナ地区

BTSナナ駅を中心にスクンビット通りの北と南の各ソイ内にホテルが点在。中小規模のホテルが多いのが特徴。一方で高級ホテルは少な目。

ナナというのはタイ語で「様々な」という意味で、その言葉の通りに多国籍な雰囲気の漂うエリア。アラブ系や黒人の姿もよく見かけます。中でもソイ・ナナ(ソイ4)周辺はナナプラザをはじめとした一大歓楽街となっているため、とにかく夜まで賑やかで夜遊び派にはもってこい。

だからと言って特に治安が悪いということも無く、日本人旅行者も多いエリアです。特にホテルが集まっているのは、ソイ11、ソイナナ、ソイ8など。

【格安】アスピラ スクンビット (Aspira Sukhumvit)

アスピラ スクンビット
Aspira Sukhumvit

アスピラ・スクンビットはソイ7/1という小さな通りを100メートルほど入った右手の格安ホテル。ソイ内は風俗系のマッサージが多く猥雑とした雰囲気だがBTSナナ駅まで徒歩2~3分という立地は大きな魅力。客室も清潔で、設備も一通り揃い問題は無し。同系列のホテルがソイ11にもありそちらも評判は上々。

【格安】アイチェック イン ナナ (iCheck inn Nana)

アイチェックイン ナナ
iCheck inn Nana

上のアスピラ・スクンビットと同様にこのアイチェックイン・ナナもソイ7/1に建つホテル。アイチェックインはスクンビットエリアを中心に展開している格安ホテルチェーンで、同グループはナナ駅周辺だけでもこの他、スタジオ・ナナスタジオ・スクンビット11アイチェックイン・スクンビット・ソイ11などがあり、いずれもそこそこの評価。

【格安】マジェスティック スイート (Majestic Suites)

マジェスティック スイート
Majestic Suites

マジェスティック・スイートはスクンビット通りとソイ・ナナ(ソイ4)との交差点近くに建つホテル。館内・室内はやや古さを感じるものの、立地は申し分なく客室もこのクラスとしては広め。各部屋共にバスタブ付きという点も特に日本人旅行者には嬉しい。時期・予約状況によって料金の変動が大きいのが特徴で、1泊6千円を超えることも。

【中級】メルキュール バンコク スクンビット 11 (Mercure Bangkok Sukhumvit 11)

メルキュール バンコク スクンビット 11
Mercure Bangkok Sukhumvit 11

メルキュール・バンコク・スクンビット11は2017年に開業した仏アコー系列の4つ星ホテル。デラックスルームでも34平米あり居住性は十分。駅まではやや距離があるが、ホテルの建つソイ11はコンビニ、両替所、マッサージ、レストラン、バーなどが点在していて夜でも賑やか。大手ホテルチェーンだけあってスタッフの対応も悪くない。

【中級】ダイナスティ グランデ ホテル (Dynasty Grande Hotel)

ダイナスティ グランデ ホテル
Dynasty Grande Hotel

ダイナスティ・グランデ・ホテルはソイ6という短い通りに建つ中級ホテル。ナナ駅までは徒歩5分ほどで、ソイ4側に抜けることもできる。低層階の建物だが造りはしっかりしていて室内調度品などもこのクラスのホテルとしては上質なものを使用。全室バスタブ付き。個人的にもかなり気に入っているホテルのひとつ。

【中級】ホープランド ホテル & レジデンス スクンビット 8 (Hopeland Hotel & Residence Sukhumvit 8)

ホープランド ホテル & レジデンス スクンビット 8
Hopeland Hotel & Residence Sukhumvit 8

ホープランド・ホテル&レジデンス・スクンビット8は2017年にオープンしたばかりの最新ホテル兼サービスアパート。立地はソイ8を300メートルほど入った場所。客室は豪華さはないが室内は広く快適に過ごすことができる。スクンビット通りまでは無料送迎サービスもあり24時間利用可能。安い部屋にはバスタブは無くシャワーのみ。系列ホテルがソイ24とソイ46/1にもあって、どちらも日本人旅行者・出張者が多い。

【高級】ランドマーク ホテル バンコク (The Landmark Hotel Bangkok)

ランドマーク ホテル バンコク
The Landmark Hotel Bangkok

ランドマーク・ホテル・バンコクはスクンビット通りに面して建つ老舗の高級ホテル。館内・客室は共に重厚感を感じ、階下には定評のあるバーやレストランが入る。ロケーションはBTSナナ駅西側。スクンビット・ソイ4とソイ6の間で駅までは徒歩3~4分と至近。日本人旅行者はそれほど多くないが、どこに行くのにも便利で口コミ評価は総じて良い。

【高級】ソフィテル バンコク スクンビット (Sofitel Bangkok Sukhumvit)

ソフィテル バンコク スクンビット
Sofitel Bangkok Sukhumvit

ソフィテル・バンコク・スクンビットはフランス・アコー系列の高層5つ星ホテル。BTSナナ駅とアソーク駅のほぼ中間(ソイで言うとソイ13とソイ15の間)のスクンビット通り沿いに位置し、どちらへも徒歩圏内。2012年開業と比較的新しく、プールやフィットネスなどのレジャー施設も充実している。料金的にも1万円台で泊まれることが多く、設備や立地を考えるとコストパフォーマンスが高くおすすめ。

【高級】JW マリオット ホテル バンコク (JW Marriott Hotel Bangkok)

JWマリオット ホテル バンコク
JW Marriott Hotel Bangkok

JWマリオット・ホテル・バンコクはマリオット系列の最高級ラグジュアリーホテル。JWを冠したホテルはタイではこことカオラック、プーケットの3軒のみ。開業から20年ほど経ち、ナナ地区では既に老舗ホテルの部類。そのため館内・客室共に多少の経年劣化は否めず、順次リノベーションが行われている。BTSナナ駅までは徒歩5分ほど。距離的には西側のプルンチット駅のほうがやや近い。

アソーク地区

BTSだけでなくMRTも通っているため、スクンビットのまさに中心と言えるエリア。駅前には日本人にも大人気のターミナル21という大型商業施設が建っていてランドマーク的な存在です。

駅北側を中心にオフィス街として側面も持ち合わせていることに加え、BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅で乗り換える客も多く、駅周辺は朝から夜まで常に混雑。交通の便は非常に良いものの、その分アソーク交差点は渋滞が酷いことでも知られています。

宿泊施設の特徴としては、土地代が高いこともあってか安宿は少なく、中級~高級ホテルが中心。特にホテルが集中しているのはソイ19、ソイ18、ソイ20など。

【格安】レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

レッド プラネット ホテル アソーク バンコク
Red Planet Hotel Asoke Bangkok

レッド・プラネット・ホテル・アソーク・バンコクはソイ14を200メートルほど入った左手に建つホテル。部屋は狭く設備も必要最小限ながら、立地の良さとリーズナブルな料金は貴重な存在。清潔感と寝心地の良いベッドにも定評があり個人的にもお気に入り。ホテルのあるソイ14自体は商業施設は少ないものの、スクンビット通りまでは徒歩3~4分ほどで食事や買い物をする場所には事欠かない。旧チューンホテル。

【格安】サチャズ ホテル ウノ (Sacha’s Hotel Uno)

サチャズ ホテル ウノ
Sacha’s Hotel Uno

サチャズ・ホテル・ウノはソイ19を200メートルほど入った右手に建つホテル。ターミナル21まで徒歩4~5分という立地の良さが最大の特徴。客室は本館と別館の2棟に分かれていて、スタンダードルームは狭いため予算次第ではデラックス以上をお勧めする。空きがあればレイトチェックアウトも午後2時まで無料で可能。1階にあるバーテンダーが全員女性というバーも話題に。

【格安】パラディソ ブティック スイート (Paradiso Boutique Suites)

Paradiso Boutique Suites
Paradiso Boutique Suites

パラディソ・ブティック・スイートはナナとアソークのほぼ中間、ソイ10を入ってすぐの場所に建つスタンダードホテル。どちらのエリアへも徒歩圏内というのが一番の魅力。スタンダードルームは窓無し、デラックス以上の部屋にはバスタブが付く。ソイ10は住宅街で袋小路のため、中心部にありながらも車両の通行は少なく比較的静かな環境。

【中級】S スクンビット スイート ホテル (S Sukhumvit Suites Hotel)

S Sukhumvit Suites Hotel
S Sukhumvit Suites Hotel

Sスクンビット・スイート・ホテルはアソーク交差点のすぐ東側という超一等地に建つホテル。BTSとMRTの両路線が利用でき、アクセス至便。一番安いスーペリアダブルは22平米とやや窮屈ながらも設備は一通り揃い、清潔感も問題無い。全73室の小規模なホテルだけあって個人客が中心。アソークエリア1泊1万円以下という条件で、立地を最優先するならここ。

【中級】シタディーン バンコク スクンビット 23 (Citadines Sukhumvit 23 Bangkok)

Citadines Sukhumvit 23 Bangkok
Citadines Sukhumvit 23 Bangkok

シタディーン・バンコク・スクンビット23はソイ23にある中級サービスアパート。室内にはIHクッキングヒーター、流し、電子レンジ、トースターなどを完備していて長期滞在でも不自由しない。界隈は風俗系マッサージやソイ・カウボーイがあるため男性客が中心。飲食店、マッサージ、コンビニなどが点在しているのも便利。MRTスクンビット駅やBTSアソーク駅までは徒歩7~8分程度かかるものの、トゥクトゥクによる無料送迎サービスが利用できる。

【中級】ホテル クローバー アソーク バンコク (Hotel Clover Asoke Bangkok)

ホテル クローバー アソーク バンコク
Hotel Clover Asoke Bangkok

ホテル・クローバー・アソーク・バンコクはソイ16を入ってすぐの左手に建つホテル。2016年オープンと新しく、隅々まで清潔感が漂う。バンコクのホテルとしては珍しく女性専用フロアを設けていることもあって、女性旅行客が多いのも特徴。部屋はややコンパクトな造りながらも明るく、内装もスタイリッシュな雰囲気。駅までは徒歩5分ほどの距離。

【高級】グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21 (Grande Centre Point Hotel Terminal 21)

Grande Centre Point Hotel Terminal 21
Grande Centre Point Hotel Terminal 21

グランデ・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21はターミナル21に隣接して建つ大型ホテル。BTSアソーク駅に直結というロケーションの良さで高い知名度と人気を誇る。そのため、部屋のグレードやサービス内容に比べ料金は常に高止まりしている。食事やショッピングの場所には事欠かないだけに、とにかく立地を重視するという旅行者向け。

【高級】シェラトン グランデ スクンビット (Sheraton Grande Sukhumvit)

Sheraton Grande Sukhumvit
Sheraton Grande Sukhumvit

シェラトン・グランデ・スクンビットはスターウッドホテル系列の最高級ホテル。アソークエリアにおいて格式、スタッフのサービスレベル、立地ともに文句無しのトップクラス。館内は外の喧騒とは無縁の落ち着いた雰囲気でシティリゾート気分を満喫できる。BTSスクンビット駅及びターミナル21と直結されていてアクセスも申し分ない。予算に余裕のある方は迷わずここへ。

【高級】ラディソン ブルー プラザ バンコク (Radisson Blu Plaza Bangkok)

Radisson Blu Plaza Bangkok
Radisson Blu Plaza Bangkok

ラディソン・ブルー・プラザ・バンコクはスクンビット通り沿いに建つ29階建て全290室の高層大型ホテル。アソーク東部、ソイ27の入口角に位置し、MRTスクンビット駅やBTSアソーク駅までは徒歩4~5分。2014年開業と新しく、設備も最新。インテリア類などはやや安っぽさも感じるが、通常1泊1万円台半ば程度から宿泊可能でコストパフォーマンスは高い。カールソン・レジドール・ホテルズグループ。

プロンポン地区

観光客だけでなく日本人在住者も多く住むエリア。そのため3地区の中では日本人向けの飲食店やショップが一番充実しています。簡単な日本語が通じる店も珍しくありません。

プロンポン駅を挟む形で、エンポリアムとエムクォーティエという2つの大型商業施設が建ち、館内にはレストランやスーパーなどもあって旅行者の姿もよく見かけます。4~5千円程度の格安ホテルと1万円以上の高級ホテルに2分化していて中級ホテルがやや少ない傾向。ホテルが多く集まっているのはソイ24、ソイ26、ソイ31など。

【格安】レトロ 39 (Retro 39)

レトロ39ホテル
Retro 39

レトロ39はその名の通りソイ39に位置し、スクンビット通りからも100メートルほどと至近。周囲にはマッサージ店、和食レストラン、コンビニ、マッサージ屋、屋台などが点在している。プロンポンエリアでリーズナブルかつ好立地のホテルを探している方には最適だが26室しかないため時期によっては満室のことも。

【格安】S ボックス スクンビット ホテル (S Box Sukhumvit Hotel)

S Box Sukhumvit Hotel
S Box Sukhumvit Hotel

Sボックス・スクンビット・ホテルはソイ31を50メートルほど入った右手に建つホテル。プロンポン駅、アソーク駅どちらへも徒歩圏内。2014年開業とまだ新しく、館内・客室共に清潔。一番安いスタンダードルームは窓が無く暗いため、可能であればスーペリア以上の部屋をおすすめしたい。定評のあるSグループ系列。

【格安】41 スイート (41 Suites)

41 スイート
41 Suites

41スイートはソイ41とソイ43の間の路地に建つホテル。室内は十分清潔で、必要なものは一通り揃う。最寄り駅のプロンポン駅までは徒歩5分ほど。界隈には飲食店、マッサージ、スーパーなども点在しているので何かと便利。料金、設備、立地を総合的に考えるとコストパフォーマンスは高い。

【中級】アモラ ネオラックス ホテル (Amora Neoluxe Hotel)

アモラ ネオラックス スイート
Amora Neoluxe Hotel

アモラ・ネオラックス・スイートは日本人宿泊者の比率が非常に高い宿。全60室とこじんまりしていてアットホームな雰囲気が特徴。ここも全室バスタブ付きで、屋上には小型ながらもプールも完備している。スクンビット・ソイ31に位置しているため、BTSプロンポン駅だけでなくMRTスクンビット駅、BTSアソーク駅へも徒歩圏内というのも魅力。比較的安い料金が出ていることがあり、そういった時は狙い目。

【中級】ブレス レジデンス (Bless Residence)

ブレス レジデンス
Bless Residence

ブレス・レジデンスはスクンビット・ソイ33にあるホテル兼サービスアパート。室内は多少の経年劣化が目につくものの最小でも50平米ある部屋の広さと全室バスタブ付きが人気。最寄りのBTSプロンポン駅からは10分ほどかかるが周囲にはコンビニ、マッサージ店、レストラン、屋台なども点在。建物自体はソイ33に直接面しておらず50メートルほど中に入った場所にあり静か。

【中級】アライズホテル スクンビット (Arize Hotel Sukhumvit)

Arize Hotel Sukhumvit
Arize Hotel Sukhumvit

アライズ・ホテル・スクンビットはソイ26を100メートルほど入った右手に建つ8階建て151室の中規模ホテル。客室はスーペリアから2ベッドルームまで幅広く、大人数・グループ旅行にも対応可能。室内はデラックス以上であればバスタブが付く。最寄り駅のBTSプロンポン駅までは徒歩5分ほどとアクセスも良好。2012年の開業当初から日本人宿泊者の多いホテルの一つ。

【高級】ヒルトン スクンビット バンコク (Hilton Sukhumvit Bangkok)

Hilton Sukhumvit Bangkok
Hilton Sukhumvit Bangkok

ヒルトン・スクンビット・バンコクはソイ24を200メートルほど入った右手に建つ5つ星ホテル。プロンポン駅までは徒歩4~5分の距離。26階建て全280室と規模が大きく、エグゼクティブルームに宿泊の際には専用ラウンジも利用可能。隣り合うソイ26には系列のダブルツリーがあり、好みに応じて選択できる。バンコク市内のヒルトンブランドはこことチャオプラヤー川沿いのミレニアム・ヒルトンのみ。

【高級】エンポリアム スイート (Emporium Suites by Chatrium)

Emporium Suites by Chatrium
Emporium Suites by Chatrium

エンポリアム・スイートはBTSプロンポン駅の真ん前に建つ老舗の高級サービスアパート。階下はショッピングセンターのエンポリアム、さらに駅とは直結とこれ以上ないロケーション。客室は最小でも55平米からとゆったりとした居住空間が特徴で、キッチン、電子レンジ、大型冷蔵庫などを完備。プールも広く、家族連れでの滞在にも向いている。

【高級】S31 スクンビット ホテル (S31 Sukhumvit Hotel)

S31 Sukhumvit Hotel
S31 Sukhumvit Hotel

S31スクンビット・ホテルはソイ31の入口角に建つホテル。アソークエリアとプロンポンエリアの中間に位置し、BTSプロンポン駅までは徒歩6~7分ほど。料金的に高級ホテルに分類したが、1泊1万円をやや超える程度なので中級寄り。館内・室内共にスタイリッシュで清潔。ここも日本人宿泊者が多く、各スタッフのサービスレベルも安定している。

まとめ

今回紹介した3エリアはホテル数も非常に多く、初めてだとなかなか選択に困るというのが実際のところだと思います。

コツとして、宿泊する際に一番重視する点は何なのか(例えば、駅までのアクセス、周囲の環境、ホテルの新しさ、レジャー施設の充実度、部屋の大きさ、バスタブの有無など)をはっきりさせておくと、だいぶ絞りやすくなるのではないでしょうか。

これに加え、自分がホテルを予約する場合は口コミ・レビューが充実しているAgoda(アゴダ)での評価を参考にしています。8.0以上(格安ホテルであれば7.5以上)であれば大きく期待を裏切られることはないというのがこれまでの経験で、今回掲載したホテルも多くはそれを満たしています。

なお、バンコクの季節は大別すると雨季と乾季があり、旅行者の多いハイシーズンは11月~3月頃までです。中でも特に旅行者の集中するクリスマス・年末年始のピークシーズンはホテル料金もかなり値上りするため、上記分類に収まらないケースがあることはご了承下さい。