マレーシア旅行、8月中に航空券を購入しておくとちょっとお得に

マレーシアでは2019年9月1日より出国税が導入されます。

航空券発券時に航空運賃等とあわせて徴収するシステムのため、9月以降に旅行する場合でも8月中に航空券を発券しておけば課税されず少しお得になります。

マレーシア航空

金額など詳細は既に以下の記事でお知らせした通りですが、マレーシアから日本へ帰国時にエコノミークラスを利用する場合は20リンギット(約500円)、ビジネスクラスやファーストクラスの場合は150リンギット(約3,800円)が徴収されます。

関連記事マレーシア、9月より出国税を導入 空路で出国する旅行者が対象

日本でも今年1月より国際観光旅客税という名称で1,000円の出国税が導入されましたが、マレーシアの場合は日本とは異なり空路のみが対象。陸路や海路での出国は免税となる点が特徴です。

マレーシアでは2年前の2017年9月より宿泊税(Tourism Tax)も導入されていて、こちらは一律1泊1室当たり10リンギット(約250円)となっています。