バンコクの2空港、2019年の利用者は計1億670万人で過去最高 LCCシェアも依然拡大中

シェア

タイの主要空港を管理・運営するタイ空港公社(Airport of Thailand)が2019年の旅客数統計を公表しています。

スワンナプーム空港
スワンナプーム空港

それによると、バンコクではスワンナプーム空港が約6,540万人、ドンムアン空港は4,130万人となりどちらも2018年の数値を上回り過去最高を記録。両空港合計では約1億670万人の利用者がありました。



現在同公社が運営している空港はスワンナプーム、ドンムアン、チェンマイ、プーケット、ハジャイ、チェンラーイ(メーファールアン)の計6か所。それぞれの実績は以下の通りです。

タイ主要6空港の旅客数(2019年)

空港 旅客数 前年比
スワンナプーム 65,424,564 +3.2%
ドンムアン 41,312,443 +1.4%
チェンマイ 11,335,293 +3.1%
チェンライ 2,928,884 +2.2%
プーケット 18,111,087 -0.6%
ハジャイ 3,896,938 -8.4%

(出典: Airports of Thailand

バーツ高や米中間の経済摩擦などの影響か、各空港共に伸び率は前年を下回り全体に低調。特にプーケット・ハジャイの南部2空港は2018年比でマイナスを記録。プーケット空港は2017年から2018年にかけて8%以上の大幅な伸びを記録したのとは対照的な結果となりました。

一方、格安航空会社を利用する旅行者の割合は依然増加していて、国際線では約37%、国内線では約71%がLCCの乗客という結果に。各空港の全旅客に対するLCC旅客数及びシェアは以下の通りです。

タイ主要6空港のLCC旅客数(2019年)

空港 LCC旅客数 LCCシェア
スワンナプーム 9,422,100 14.4%
ドンムアン 41,042,190 99.3%
チェンマイ 7,705,098 68.0%
チェンライ 2,245,120 76.7%
プーケット 9,050,041 50.0%
ハジャイ 3,239,185 83.1%

(出典: Airports of Thailand

旅客数で世界最大のLCC空港であるドンムアン空港が99%以上というのは当然ですが、スワンナプーム空港も14%以上と思ったよりも高いですね。

両空港を合わせたLCCシェアは国際線が約35%、国内線は約72%。バンコク便を利用する旅行者のうち国際線では3分の1以上が、国内線では3分の2以上がLCC利用者ということになります。