SRTレッドライン、今年10月に運行開始予定 ドンムアン空港からバンコク中心部へのアクセスが便利に

タイ国鉄が運行する新しい都市鉄道SRTレッドライン(SRT Red Line)は、今年10月にも乗客を乗せて試運転を開始する予定であることが明らかになっています。

SRTレッドラインはダークレッドライン(Dark Red Line)とライトレッドライン(Light Red Line)の2系統があり、前者はバンスー(Bang Sue)~ランシット(Rangsit)間の約26km、後者はバンスー~タリンチャン(Taling Chan)間の約15kmを結ぶ路線。SRTはタイ国鉄(State Railway of Thailand)の略称です。



両路線共に日立製の車両を使用し、タイ国鉄は既に10両を受領済み。

関連リンク日立がタイ国鉄バンコクレッドライン向け新型鉄道車両の出荷を開始 (PDF)
関連記事日立のSRTレッドライン向け車両がタイに到着 11月1日にセレモニー開催

タイ国鉄facebookページより
タイ国鉄facebookページより

今年6月までには全130両(25編成)が揃う予定で10月には乗客を乗せての無料運転をスタート。有償での営業開始は2021年初頭を予定しています。

タイ国鉄は年明けから低速での走行試験を行なっていて、Youtube上にもその様子を撮影した多くの動画がアップされています。

SRTレッドラインのルート・停車駅は以下の通り。

ダークレッドライン(Dark Red Line)

バンスー中央駅 (Bang Sue Central Station)
↓↑
チャトゥチャック駅 (Chatuchak)
↓↑
ワット・セーミアンナーリー駅 (Wat Samian Nari)
↓↑
バンケーン駅 (Bang Khen)
↓↑
トゥンソーンホン駅 (Thung Song Hong)
↓↑
ラックシー駅 (Lak Si)
↓↑
カーンケーハ駅 (Kan Kheha)
↓↑
ドンムアン駅 (Don Mueang)
↓↑
ラックホック駅 (Lak Hok)
↓↑
ランシット駅 (Rangsit)

ライトレッドライン(Light Red Line)

バンスー中央駅 (Bang Sue Central Station)
↓↑
バンソン駅 (Bang Son)
↓↑
バンバムル (Bang Bamru)
↓↑
タリンチャン (Taling Chan)

現地メディアの報道によると運賃は14~47バーツ(50~170円)。最高速度はダークレッドラインは140km/h、ライトレッドラインは120km/h。所要時間はバンスー~ランシット間が約25分、バンスー~タリンチャン間が約15分とのこと。

関連リンクสายสีแดงเปิดต้นปีหน้า ‘บางซื่อ-รังสิต’แค่25นาที47บาท – เดลินิวส์

特に、ダークレッドラインはドンムアン空港を通る路線のため日本人旅行者でも今後利用する機会は多くなるのではと思います。