カンボジアのコーケー遺跡、7月から入場料を値上げ

アンコール遺跡群のチケット販売・管理を行っているアンコール・エンタープライズ(Angkor Enterprise)は、コーケー遺跡の入場料を2020年7月より値上げすると発表しています。

プラサート・トム
プラサート・トム

同遺跡はアンコール遺跡群の入場券であるアンコールパス(Angkor Pass)は使えず専用の入場券を購入する必要がありますが、これまで10ドルだったものが7月1日からは15ドルになるとのこと。

なお、シェムリアップにより近いベンメリア遺跡については今年1月よりアンコールパスで入場できるようになっていますのでお間違いなく。詳細については以下アナウンスよりどうぞ。

News – Angkor Enterprise

シェムリアップ周辺の遺跡ではコーケー以外にも、プノン・クーレン(20ドル)やプレアヴィヒア(10ドル)で独自の入場料が必要です(2020年1月時点)。