チャンギ空港、8年連続で「世界最高の空港」に 日本からも4空港がトップ10入り

航空関連の格付け会社SKYTRAX(スカイトラックス)による空港ランキング、ワールドベストエアポート2020(The World’s Best Airports of 2020)が発表されています。

SKYTRAX World airline awards
SKYTRAX World airline awards

昨年9月から今年2月までの調査データを基にしたランク付けによって今回ベストエアポートに輝いたのはシンガポールのチャンギ空港(Changi Airport)。同空港がトップになるのは2013年から8年連続となります。



シンガポール・チャンギ空港
シンガポール・チャンギ空港

2位には羽田空港が選ばれたのをはじめ、7位が中部、8位に成田、10位に関西と、トップ10には日本の4空港が選出されました。

  1. チャンギ空港(シンガポール)
  2. 羽田空港(日本)
  3. ハマド国際空港(カタール)
  4. 仁川国際空港(韓国)
  5. ミュンヘン空港(ドイツ)
  6. 香港国際空港(香港)
  7. 成田国際空港(日本)
  8. 中部国際空港(日本)
  9. アムステルダム・スキポール空港(オランダ)
  10. 関西国際空港(日本)

アジアの空港ではこの他に、台湾桃園空港(18位)、上海・虹橋(22位)、広州(30位)、ジャカルタのスカルノ・ハッタ(35位)、海口(38位)、福岡(39位)、西安(47位)、バンコク・スワンナプーム(48位)、ソウル・金浦(49位)、デリー(50位)、ムンバイ(52位)、クアラルンプール(63位)、深圳(66位)、成都(72位)、北京首都(80位)、バリ・デンパサール(85位)、長沙(86位)、ハノイ・ノイバイ(87位)がトップ100入り。

100位までの全ランキングや空港規模別の順位など詳細は以下の公式サイトよりどうぞ。

World’s Top 100 Airports 2020 | SKYTRAX