エアアジア、入国制限緩和を受けクアラルンプール~シンガポール線の運航再開

マレーシアとシンガポールとの間の相互渡航が8月17日より始まったことを受け、格安航空会社のエアアジア(AirAsia)はクアラルンプール~シンガポール線の運航を再開しています。

エアアジア

AirAsia resumes Kuala Lumpur – Singapore flights for essential and official travellers under RGL scheme



9月1日以降は1日5往復と運航本数を大幅に拡大する予定。フライトスケジュールは以下の通りです。

クアラルンプール⇒シンガポール
AK703 KUL07:30 SIN08:40 毎日
AK707 KUL09:35 SIN10:50 毎日
AK711 KUL11:45 SIN13:00 毎日
AK719 KUL18:50 SIN20:00 毎日
AK721 KUL19:20 SIN20:45 毎日

シンガポール⇒クアラルンプール
AK702 SIN09:10 KUL10:25 毎日
AK706 SIN11:30 KUL12:35 毎日 
AK710 SIN13:30 KUL14:40 毎日
AK718 SIN20:45 KUL21:45 毎日
AK720 SIN21:20 KUL22:25 毎日

先月、マレーシア政府とシンガポール政府は相互グリーンレーン(RGL)及び定期的通勤アレンジメント(PCA)という枠組みの下で両国間の移動制限を緩和することに合意。RGLでは基本的に入国後の隔離期間は必要なく、相手国に最大14日間まで滞在することができるようになっています。

マレーシア・シンガポール間の限定的な人の往来に関する手続(2020年8月11日)