タイ、外国人観光客受け入れプラン「プーケットモデル」見直しへ

タイ政府は、外国人観光客受け入れプランの「プーケットモデル」について計画を見直すことになるようです。

プーケット・パトンビーチ
プーケット・パトンビーチ

地元メディアの報道によると、新型コロナウイルスの感染拡大が再度起こることへの危惧に加え、政府系のタイランドロングステイ社のみに同プランの許可を与えることの反発が大きいことなどから、プラユット首相が再検討するよう要請。

観光・スポーツ省では、5日・6日にプーケットで行われた地元観光業者や住民を対象にした公聴会で得た意見も参考に新たに修正案を作成するとのこと。また「プーケットモデル」という名称についても変更を予定しているようです。



“ประยุทธ์” ตีกลับภูเก็ตโมเดล ผวาโควิดซ้ำ-ปรับเกณฑ์เปิดประเทศ – ประชาชาติธุรกิจ
‘ททท.’ เด้งรับ ‘นายก’ ปรับแผนเปิดรับต่างชาติแบบจำกัดพื้นที่ เตรียมชง ‘ศบศ.-ศบค.’ ใหม่ – Matichon

これに伴い、タイ政府観光庁のユタサック総裁は、外国人観光客の受け入れ開始時期についても当初予定していた10月1日から遅れる可能性に言及。但し、11月以降はプーケットにとって乾季のベストシーズンで、例年、避寒のために訪れる長期滞在者が多いため、それまでには間に合わせるよう最善を尽くすとしています。

関連リンク隔離中にビーチもOK? タイの外国人観光客受け入れの新形態に注目