タイの特別観光ビザ、現時点での申請者は1,615人 タイランドエリート会員の入国希望者数も公表

タイ政府は入国制限緩和策の一環として、観光特別ビザ(STV)の新設やタイランドエリート会員に対する入国許可措置を開始していますが、それに関して現在の申請状況を公表しています。

プーケットのパトンビーチ

新型コロナウイルス経済対策センター(ソー・ボー・ソー)によると、現時点で特別観光ビザは1,615人が申請済み。地域別の内訳は東アジアからが924人、南アジア・パシフィックが229人、ヨーロッパ・アフリカ・中東が462人。



一方、タイランドエリートカード会員については、9月時点でタイ国外在住者が約7,000人いて、そのうち入国を希望し申請手続きが完了している会員が448人。既に49人がタイに到着済みで、35人は2週間の隔離期間中。隔離措置を終え、晴れて自由の身となった会員も14人いるとのことです。

ศบศ.ปรับเงื่อนไข ‘เราเที่ยวด้วยกัน’ พร้อมขยายเวลาถึง ม.ค. 64 – The Bangkok Insight

なお、当初は特別観光ビザによる外国人旅行者の受け入れを10月8日から開始するとしていましたが、発給手続きが煩雑なことや受け入れ先のプーケットで恒例のベジタリアンフェスティバル(16日~25日)が開催されることなどから、第1陣の到着は10月25日以降にずれ込むことも明らかになっています。

เลื่อนรับนักท่องเที่ยวต่างชาติ ล็อตแรกเป็น 25 ตค. เหตุภูเก็ตติดเทศกาลกินเจ – khaosod