エアアジアX、返金やトラベルクレジットへの交換手続きを一時停止

マレーシアの格安航空会社エアアジアX(AirAsia X)が購入済み航空券についての対応に関する情報を更新。

その中で、現在、同社はクアラルンプール高等裁判所に債務再編の申請書を提出した状況にあり、今後、裁判所の認可が下りるまでは払い戻しだけでなくクレジットアカウントへの交換や旅程の変更などもできないことを明らかにしています。



エアアジア公式サイトより
AirAsia X Berhad(D7)フライト

債務再編プロセスと債権者としてのゲストのリストにより、AirAsia X Berhad(D7)は、スキーム債権者が承認し、クアラルンプール高等裁判所が認可するまでは払い戻し、クレジットアカウント、またはフライトの変更を提供できません。組織再編案が承認され、「通常通りのビジネス」に戻り、お客様にクレジットアカウントを提供できる様になることが私たちの意図です。

なお、この措置はあくまでエアアジアX(D7)に限定したもので、タイ・エアアジアXを含む他のエアアジアグループの航空会社には影響を及ぼさないとしています。

関連記事エアアジアX、新型コロナで資金枯渇 運航再開には120億円以上が必要