タイ、特別観光ビザの発給対象国を公表 現時点では日本を含む14か国・地域

タイは外国人観光客の受け入れを制限付きで再開しましたが、特別観光ビザ(スペシャルツーリストビザ)や観光ビザの発給対象となるのは、政府が新型コロナウイルスの感染リスクが低いと判断した国・地域からの渡航者に限定されています。

ドンムアン空港

具体的な対象国について、本日行われた新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)の会議後にタウィーシン報道官が明らかにし、現時点では以下の14の国と地域が「低リスク」に該当すると発表。

日本、台湾、香港、中国、韓国、マカオ、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スイス、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド




https://www.facebook.com/watch/?v=868215987047429

タイ政府の基準では危険リスクが低い順に低・中・高と3グループに分けられ、このリストは1か月に2度(15日と30日)見直されるとのこと。

なお、一部で要望の出されていた隔離期間を14日間から10日間へ短縮する案については今回の会議では議題には上がらなかったことも明らかにしています。

ศบค.อนุมัติ 14 ประเทศเข้าไทย แต่ยังไม่พิจารณาลดวันกักตัวเหลือ 10 วัน – Matichon

観光ビザ及び特別観光ビザの申請方法など詳細については在京タイ王国大使館の以下ページよりどうぞ。

観光ビザ(Tourist Visa)
特別観光ビザ (Special Tourist Visa -STV)