シンガポールと香港、5月26日より隔離無しでの相互往来が可能に

シェア

シンガポールと香港は、5月26日(水)より入国後の隔離措置を免除した相互往来を再開すると発表しています。

香港国際空港

両国は昨年11月に一旦「トラベルバブル」を開始することで合意しましたが、直前になって香港で新規感染者が増加したことで延期されていました。



シンガポールのオン・イェ・コング交通大臣によるアナウンス。

導入当初は専用便を1日1便運航し、旅行者数も1日当たり200人程度に限定。感染状況が安定しているようであれば6月10日より増便されます。

シンガポール側ではワクチン接種の有無は問われないものの、香港政府はシンガポールに渡航可能な住民をワクチン接種者に限定するとしています(子供や医療上の理由などで接種ができない場合は除く)。

Singapore, Hong Kong to relaunch travel bubble on May 26 – CNA
Coronavirus: Hong Kong-Singapore travel bubble to launch May 26 with vaccination requirement for Hong Kong residents – SCMP

アジアでは既に台湾とパラオがツアー客に限定して隔離免除措置を実施していますが、個人旅行を含むトラベルバブルはこれが初めて。なお、アジア以外ではオーストラリアとニュージーランドが今月19日より相互渡航を再開しています。

なお、シンガポール・香港で直近7日間平均での経路不明の感染者が1日当たり5人を超えた場合には運用を一時停止するほか、5月26日以前に感染が拡大した場合は再び導入が延期される可能性もあります。