シンガポール・チャイナタウン地区にあるブティックホテル、ホテル1929宿泊記

シェア

ホテル1929
シンガポールのチャイナタウンエリア西部にあるブティックホテル、ホテル1929(Hotel 1929)に泊まりました。

ロケーションは、歴史あるショップハウスが軒を連ねているケオン・サイク・ロード(Keong Saik Road)沿いで、このホテルも1929年に建てられたショップハウスを改装して利用しているため、このような特徴あるホテル名となったそうです。

最寄り駅はMRTアウトラムパーク駅で、出口Hから徒歩3,4分程度、MRTチャイナタウン駅までも歩いて約5,6分とアクセスが良いのが特徴です。

より大きな地図で ホテル1929 (Hotel1929) を表示

3階建ての全34室という小規模なホテルで、1階にロビーとレストランがあり、2~3階が客室となっています。

今回泊まったのは、スーペリアシングルという一番狭い部屋だったのですが、広さは13~14平米程度で、日本のビジネスホテルに慣れている人であればまあ問題の無い範囲です。この他スーペリアダブル、デラックス、ジュニアスイートなどの部屋タイプもあります。

ホテル1929 スーペリアシングルの様子
コンパクトながら機能的にレイアウトされた室内。

ホテル1929 スーペリアシングル室内設備
室内はフリーWiFiで、速度も十分出ていて通常のブラウジングでストレスを感じることはありませんでした。有線LANでの接続も可能で、LANケーブルも用意されています。エアコンはダイキン社製、テレビはサムスンでNHKも視聴可能。ドライヤー、ラジオ付きの時計なども付属しています。

ベッドの下には引き出しがあり、荷物などを入れて置くことができるようになっています。ここにセイフティーボックスも取り付けてありますが、小型サイズなのでパソコンやiPadを入れるのは無理でした。

ホテル1929 ベッドの下の引き出し

冷蔵庫は下記のように飲料水の缶を3、4本入れるといっぱいになってしまう非常に小さいものがおいてあります。中には水のペットボトルとコーラが1本ずつ入っていて、これは毎日無料で提供されるとのこと。

ホテル1929 ミニ冷蔵庫
その他紅茶やコーヒーのインスタントなども用意されています。

ホテル1929 バスルーム
バスルームですが、バスタブはなくシャワーのみです。手持ちのシャワーとレインシャワーの2つがあり便利でした。水量、水温、排水共に問題は無し。

ホテル1929 バスアメニティ
バスアメニティも一通り揃っています。

ホテル2階部分の一部はテラスになっていて、小さな屋外ジャクジーも併設されています。

また、ロビーにはオーナーの趣味だという、イームズのリビングチェアウッドやダイニングチェアウッド、ヨーゼフ・ホフマンのクーブスソファ、アルネ・ヤコブセンのエッグチェア、スワンチェアなどのデザイナーズチェアが無造作に置かれていてます。

朝食はフロント横にあるレストラン、アンバー(Ember)で提供されます。ビュッフェの品数は少ないものの、卵料理やソーセージ、ベイクドビーンズなどのプレートはかなりレベルが高く十分満足のいくものでした。普段は地元シンガポーリアンからも人気が高いヨーロッパ料理レストランというのもうなずけます。

ブティックホテルと謳っていますが、オープンしたのが2003年ということもあり、特にエレベーターや廊下など共用部分での経年劣化が気になりましたね。あと、ケオンサイクロード沿いは地元シンガポール人に人気のパブやバーなどがあって、夜まで結構賑やかなので、神経質な人は気になるかもしれません。

ケオン・サイク・ロード
美しい弧を描くケオン・サイク・ロード沿いにはリノベーションされたショップハウスが建ち並ぶ。

奥に見える巨大な建造物は豪華な公団住宅(HDB)のピナクルズ@ダクストン(The Pinnacle@Duxton)で、手前の伝統的な建物との対比が印象的です。

フロントスタッフや掃除担当の人たちも親切で印象は良く、周囲にはコンビニや飲食店が点在していますし、人気フードコートのマックスウェルフードセンターやチャイナタウン中心部までも歩いてすぐという便利な立地というのも魅力でした。

今回、Agodaで予約をして、朝食込み1泊約12,000円でした。ホテルレベルから考えると正直高いですが、シンガポールの宿泊事情を考えるとまあ妥当なところでしょうか。個人的には1泊であればまた泊まっても良いかなという感じで、他の宿泊者の口コミはこちらを参考にしてみて下さい。

数年前に比べると、現在のシンガポールのホテル宿泊料金は高騰気味で、15,000円程度出さないと選択肢もあまりないという感じです。この辺は各自予算との相談になるかと思います。

ケオンサイクロード周辺には、ナウミリオラ(naumi Liora)パーク22ホテル(Park22 Hotel)ケオンサイクホテル(Keong Saik Hotel)チャイナタウンホテル(China Town Hotel)などリーズナブルなミニホテルが幾つかあるので、比較検討するのも良いかもしれません。

空室・料金検索: ホテル1929(Hotel 1929)
住所: 50 Keong Saik Road, Singapore 089154
電話: +65 6347 1929

スポンサーリンク