H.I.S.設立の航空会社、まもなく成田・関空に就航 航空券も販売開始

シェア

昨年末、旅行会社のH.I.S.などがタイで設立したチャーター専門の航空会社、アジア・アトランティック・エアラインズ(Asia Atlantic Airlines)がいよいよ今夏、東京・大阪に就航します(関連記事)。

昨年、成田便を期間運航したジェットアジア・エアウェイズと共同で、バンコク―成田線を7月19日~9月27日まで、バンコク―関空線を7月27日~9月27日まで、それぞれ毎日1便運航。

使用機材はボーイング767で、現在発表されているフライトスケジュールは下記の通りになっています。

バンコク・スワンナプーム空港⇔成田空港
バンコク発00:30 成田着08:30
成田発11:00 バンコク着15:00

バンコク・スワンナプーム空港⇔関西空港
バンコク発00:30 関空着08:00
関空発11:00 バンコク着14:30

プロモーションとして各路線の運航開始から3日間は、燃油サーチャージ込みでエコノミークラス片道3,999バーツ(往復9,999バーツ)、ビジネスクラス片道9,990バーツ(往復22,000バーツ)という格安料金が設定されています。

通常料金は、燃油サーチャージ込みで以下の通り。

エコノミークラス 片道9,900バーツ、往復17,500バーツ
ビジネスクラス 片道16,800バーツ、往復30,000バーツ

その他、気になる条件・特典を抜粋すると以下のようなところです。

・通常料金での購入者はタイ入国時に専用入国ゲートの利用が可能
・通常料金往復チケットはフィックスOPENとなり、帰着便1回のみ日付変更が無料で可能
・受託手荷物はエコノミーが30kgまでを1つ、ビジネスが合計40kgまでを2つ
・機内手荷物は7kgまでを1つで3辺合計115cm(55cm×40cm×25cm)以下のもの
・機内食は片道1回、ソフトドリンク無料(アルコール類はエコノミー有料、ビジネス無料)
・機内エンターテイメント設備は無し
・座席指定不可
・子供料金設定なし
・幼児料金はエコノミー片道1,000バーツ(往復1,800バーツ)
・空港税は別途必要

通常料金だとそれほど安いというわけでもないですが、夏休み期間中、特にお盆の時期でも料金が変わらないというのは魅力ですね。

今のところバンコク発の航空券しか販売されていないので在タイ者以外は使いにくいですが、片道をLCCとするなど、他の航空券と組み合わせて旅程を組むことはできそうです。

スポンサーリンク