ワールドエアラインアワード、エミレーツ航空が1位に ANAも4位にランクイン

シェア

イギリスの航空サービスリサーチ会社、スカイトラックス(SKYTRAX)による2013年版のワールドエアラインアワード(The World Airline Awards)が発表されました。

今年、世界で最も評価の高い航空会社である「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点とするエミレーツ航空でした。

例年同様、今年もアジア勢に対する高い評価は変わらず、全日空をはじめベスト10の内5社がアジアの航空会社で占められています。

以下が、2013年ワールド・トップ・エアラインのベスト10になります。

順位 航空会社名 国・地域
1位 エミレーツ航空 UAE・ドバイ
2位 カタール航空 カタール
3位 シンガポール航空 シンガポール
4位 全日本空輸 日本
5位 アシアナ航空 韓国
6位 キャセイパシフィック航空 香港
7位 エティハド航空 UAE・アブダビ
8位 ガルーダインドネシア航空 インドネシア
9位 トルコ航空 トルコ
10位 カンタス航空 オーストラリア

ちなみに、昨年の順位はこちら

各部門ごとの評価では、ベストローコストエアラインにエアアジア、ベストエコノミークラスにガルーダインドネシア航空、ベストリージョナル航空にドラゴン航空が選ばれたほか、機内の清潔さ部門ではANAが最高点を得ています。

その他の部門の受賞航空会社や詳細なランキングは下記公式サイトからどうぞ。

スポンサーリンク