エアアジア、インドネシアのブルーバードグループと提携しタクシーの予約が可能に

シェア

エアアジアはインドネシアのブルーバードグループと提携し、航空券購入時にタクシーの予約もできるサービスを開始しています。

ブルーバードグループ

まずはジャカルタのスカルノハッタ国際空港利用便限定で、具体的には、エアアジアでジャカルタ行きのフライトを選ぶと予約手続きの途中で下記のようにタクシー利用選択画面が現れます。

タクシー選択画面
車種はトヨタ・アバンザ (Toyota Avanza) 。

行き先として可能なのはジャカルタとその周辺都市(ボゴール、タンゲラン、デポック、ベカシ)。目的地によりゾーン1~ゾーン3まで分けられています。

ブロックM、クマン、コタ、アンチョール、ケマヨランなど旅行者や在住者が主に利用するエリアはゾーン1に含まれていて、運賃は20万ルピア(高速料金込み)。ゾーン2は30万ルピア、ボゴールなどはゾーン3に分類され51万ルピアとなっています。

直接空港でタクシーを頼むよりも高く、ミニバンタイプの車種ということもあって1人ではちょっともったいないですが、前もって予約でき安心且つ料金も一律でメーターを気にする必要もないといった利点もあります。複数人で利用する場合は便利ではないでしょうか。

ブルーバードタクシー車内の様子
安心・安全で評判の良いブルーバードタクシー。

利用当日はスカルノハッタ国際空港到着時にターミナル3にあるブルーバードグループのカウンターで旅程をコピーしたものかeチケットを見せればOKとのことです。

シルバー バード エグゼクティブ タクシー
ブルーバードグループの一員、シルバーバードエグゼクティブタクシーのカウンター。

フライト出発24時間前までの予約が必要、1台のタクシーには最大4人まで、空港到着後2時間以内にタクシーカウンターでコンタクトを取ることなど、いくつか条件・注意事項があります。目的地がどのゾーンに属しているのかも含め詳細は下記を参照して下さい。

スポンサーリンク