インドの新航空会社、Vistaraが誕生

シェア

シンガポール航空がインドのタタグループと共同で設立する新しい航空会社の名称がヴィスタラ(Vistara)に決まり、今年10月にも運航開始するようです。

同社facebook上やタタグループのサイトで先ほど正式に発表され、既にVistaraのfacebookページも開設されています。

タタグループの公式アナウンスによると、社名は「無限の広がり」という意味を持つサンスクリット語”Vistaar”に由来しているとのこと。

Flying has a new meaning。

制服デザインイメージ。

この新航空会社Vistaraは、インド・デリーを拠点としフルサービスを提供。エアバスA320を用いて、デリーからムンバイ、バンガロール、ハイデラバード、ゴア、アーメダバード、シュリーナガル、ジャンムー、チャンディーガル、パトナなどへの路線を開設する予定です。

スポンサーリンク