ノイバイ空港、12月31日より国際線新ターミナルの供用を開始

シェア

ハノイ・ノイバイ国際空港で建設されていた国際線新ターミナル(T2)の供用開始日が12月31日と正式に決まりました。

12月31日午前4時(現地時間)以降、ノイバイ空港を出発・到着する全ての国際線は新しいターミナルを使用することになります。

但し、試験運用として12月25日以降の一部便については前もって新ターミナルを使用するとの発表がベトナム航空からなされています。対象便一覧は以下を参照して下さい。

シンガポール線、台北線、高雄線辺りが中心で日本路線はありませんね。

ノイバイ空港に駐機中のベトナム航空機
ノイバイ空港に駐機中のベトナム航空機。

新ターミナルの到着階は2階、出発階は3階となり、現在使用中の旧ターミナルは国内線専用ターミナル(T1)となります。

ノイバイ空港旧ターミナル
旧ターミナルでもチェックインカウンターEのエリアは昨年末に拡張されたばかり。

また、国際線(T2)と国内線(T1)のターミナル間の移動にはシャトルバスも運行されるとのこと(所要時間約10分)。

それにしても、わざわざ移転日を利用者の多いこの年末に持ってこなくても良さそうなものなのに、なんとしても今年中に、という理由でもあったのでしょうか。でもきっちりと予定期日に間に合わせるあたりはさすが日本企業という感じですね。

関連記事ハノイ・ノイバイ国際空港の国際線新ターミナル、12月末の完成を予定

スポンサーリンク