インドのビスタラ、2015年1月9日に運航開始 航空券販売もスタート

シェア

シンガポール航空がタタグループとの合弁によりインドで設立した航空会社、ビスタラ(ヴィスタラ)が2015年1月9日より運航を開始すると発表しています。

まずはデリー~ムンバイ、デリー~ハイデラバード、ムンバイ~ハイデラバードの計3路線を開設。

使用機材はエアバスA320-200。シートアレンジはビジネス(6席)、プレミアムエコノミー(36席)、エコノミー(96席)の3クラス仕様、計148席となっています。

フルサービスキャリアということで、機内食や無料受託手荷物(エコノミー15kg、プレミアムエコノミー20kg、ビジネス30kg)を提供するほか、ポイント制会員サービスのClub Vistaraもスタートさせています。

路線図には、コルカタ、ハイデラバード、チェンナイ、ベンガルールなどの都市名も。

同社の拠点が置かれるデリーのインディラガンジー国際空港ではターミナル3を使用。今後5年間でエアバスA320を計20機導入し、インド国内線路線を拡大していく計画のようです。

航空券販売は本日より始まっています。

スポンサーリンク