エアアジアグループ、ジャカルタ発着便をターミナル2に移転

シェア

エアアジアグループは、明日8月12日午前3時(GMT +7)よりジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港での利用ターミナルをこれまでのターミナル3からターミナル2に移転することを発表しています。

エアアジア
同社facebookページより

今後、同グループの国際線は全便ターミナル2Eを使用。一方でインドネシア・エアアジアが運航する国内線はターミナル2Fとなり、搭乗便によって場所が分かれていますのでお間違いなく。

これに伴いチェックインカウンターとバゲージドロップカウンターも移転。こちらは国内線・国際線共にターミナル2Fの73~81カウンターがエアアジア用となるとのこと。

直前になっての発表のため明日以降しばらくは混乱も予想されます。エアアジアグループのジャカルタ便を利用される方は事前にウェブチェックインを済ませておき、余裕を持ったスケジュールで移動することをおすすめします。

関連記事ガルーダ・インドネシア航空、8月9日よりスカルノ・ハッタ国際空港を発着する国内線全便をターミナル3アルティメットに移転

エアアジアによる公式アナウンスは下記よりどうぞ。

AirAsia Relocates Operations from the Old Terminal 3 to Terminals 2E and 2F at Soekarno-Hatta International Airport

スポンサーリンク