キャセイパシフィック航空、エコノミークラスの受託手荷物許容量を30kgに

シェア

キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific)と香港ドラゴン航空(Dragonair)が、2016年9月15日より手荷物に関するルールを変更することを明らかにしています。

キャセイパシフィック航空
キャセイパシフィック航空公式サイトより

公式サイトで発表されている情報によると、各クラス共に受託手荷物許容量がこれまでよりも10kg増量され、エコノミークラス30kg、プレミアムエコノミー35kg、ビジネス40kg、ファースト50kgとなるとのこと(9月15日以降に発券された航空券が対象)。個数についての条件変更はありません。

また、香港ドラゴン航空の機内持ち込み荷物の制限も緩和され、これまで一律5kgまでだったものが、エコノミーとプレミアムエコノミーは7kg、ビジネス10kg、ファースト15kgとし、キャセイパシフィックと同一となるとのことです(9月15日以降の乗客が対象)。

詳細については下記プレスリリースよりどうぞ。

Cathay Pacific and Dragonair introduce enhanced worldwide baggage policy

スポンサーリンク