ライオンエア、8月27日よりジャカルタ発着便の利用ターミナルを一部変更

シェア

インドネシアの格安航空会社のライオンエア(Lion Air)は、2016年8月27日よりジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港での利用ターミナルを一部変更することを明らかにしています。

ライオンエア公式サイト
ライオンエア公式サイト

これまでターミナル2及び3から発着していたバリ、ロンボク、スマランなどへの路線はターミナル1Bに移転。また、ジャワ島内の一部路線はターミナル1Aになるとのこと。現時点で変更が発表されているのは以下の路線です。

ターミナル1A: ジョグジャカルタ、ソロ(スラカルタ)、スマラン

ターミナル1B: デンパサール(バリ)、ロンボク、タンジュン・ピナン、ブンクル、ランプン、バンカ・ブリトゥン、ジャンビ

国際線(クアラルンプール及びシンガポール線)についても現在使用しているターミナル2Dから2Eに移るという報道がされていますが、こちらはライオンエアからはまだ正式なアナウンスはないと思います。

スカルノ・ハッタ国際空港では8月9日に新ターミナルであるターミナル3アルティメット(T3U)が供用開始され、既存のターミナル3は今後改修工事に入る予定。そのため、ガルーダ・インドネシア航空、エアアジアグループ、スリウィジャヤ航空(ナムエア含む)など移転が相次いでいます。

関連記事ガルーダ・インドネシア航空、8月9日よりスカルノ・ハッタ国際空港を発着する国内線全便をターミナル3アルティメットに移転

同空港ではターミナル移動には無料のシャトルバスが利用できますが、各ターミナル間は結構距離があるため、時間に余裕を持ったスケジュールで行動することをおすすめします。

スカルノ・ハッタ国際空港のシャトルバス
スカルノ・ハッタ国際空港のシャトルバス

Lion Air

スポンサーリンク