クアラルンプールのモノレールとLRT、午前6時~午前7時は運賃が全線で半額に 9月16日から

シェア

マレーシアのクアラルンプールで運行されているモノレールや電車のLRTなどが午前6時~午前7時の間は通常の半額の運賃で利用できるようになります。

クアラルンプールのLRT
クアラルンプールのLRT

午前7時以降の通勤通学時間帯の乗客を分散させるのが目的とのことで、サービス開始は9月16日から。

該当する路線はラピドKLが運行するモノレールとLRT及びラピドバスが運行するBRTで、具体的には以下の4路線。

KLモノレール (KL Monorail)
LRTアンパン線 (Ampang Line)
LRTクラナ・ジャヤ線 (Kelana Jaya Line)
BRTサンウェイ線 (Sunway route)

割引対象はタッチアンドゴー(Touch ‘n Go)やマイラピド(MyRapid)などのICカードユーザーまたは高齢者、学生、障害者となっています。

Diskaun 50% Tambang LRT & Monorel Diperluas Ke BRT(マレー語)

ピーク時間帯の利用者を減らすこのような取り組みはシンガポールでも3年ほど前から行われていて、こちらは時間帯によって無料または半額。当初1年の予定でしたが、効果があるようでこの割引制度は現在でも続いています。

関連記事シンガポールの地下鉄、早朝の運賃一部無料化が本日スタート

The Straits Times – Free early morning MRT rides in city area extended to 2017

スポンサーリンク