ANA、ジャカルタ発着便をターミナル3へ移転 11月12日より

ANAは、2018年11月12日よりジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港を発着するフライトを現行のターミナル2からターミナル3へ移転することを発表しています。

ANA、ジャカルタ発着便をターミナル3へ移転
ANA公式サイトより

アナウンスによると、到着便としては11月11日に羽田空港を出発するNH871便が、出発便としては12日のNH836便がそれぞれジャカルタでターミナル3を利用する初便。これ以降のフライトは全てターミナル3を発着することになります。

同社は現在、成田~ジャカルタ線を1日1便、羽田~ジャカルタ線を1日2便運航中。冬スケジュールのダイヤは以下の通りです。

東京(羽田・成田)発便

羽田→ジャカルタ
NH855 HND10:20 CGK16:15 毎日
NH871 HND22:55 CGK04:50(+1) 毎日

成田→ジャカルタ
NH835 NRT17:55 CGK23:55 毎日

ジャカルタ発便

ジャカルタ→羽田
NH872 CGK07:15 HND16:20 毎日
NH856 CGK21:45 HND06:50(+1) 毎日

ジャカルタ→成田
NH836 CGK06:20 NRT15:40 毎日

スカルノ・ハッタ国際空港のターミナル2とターミナル3はスカイトレインやバスで移動できますが、待ち時間を含めると結構時間がかかりますので移転日前後にジャカルタ便を利用される方はご注意下さい。

なお、JALも同様に10月26日よりターミナル3発着となることが既に決まっています。

関連記事JAL、ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港での提供ラウンジを変更