クアラルンプール国際空港、12月より搭乗案内放送を廃止

マレーシアのクアラルンプール国際空港は、12月1日より搭乗案内や乗客の呼び出しアナウンスを廃止したことを発表しています。

Boarding call announcements and public paging for passengers service will stop completely effective 1 December 2018.

同空港にはKLIAとKLIA2という2つのターミナルがありますがどちらも共通。乗客に対しては自身で出発案内表示を確認するようアドバイスを出しています。

KLIA2の出発ホール
KLIA2の出発ホール

空港ターミナル内における過度な放送はをなるべく減らし、静かな空港(Silent Airport)を実現しようというのが世界的な潮流で、東南アジアではシンガポールのチャンギ空港も今年から最終搭乗案内や航空会社による呼び出しなどを止めています。

もちろん、緊急事態、フライトの遅延・キャンセル、直前のゲート変更といった運航にかかわる最重要事項は今後も引き続きアナウンスされるためそれほど大きな影響はないのかなと思います。

これから年末年始のピークシーズンを迎えますが、乗り遅れという事態を招かないためにも余裕を持ったスケジュールで行動することをおすすめします。