バンコクの赤バス、1月21日より8バーツに値上げ 深夜帯は9.5バーツに

シェア

バンコクのバス料金が1月21日に改定されることは以前お伝えしましたが、ノンエアコンの赤バスの運賃も現在の6.5バーツから8バーツに値上げされることが発表されています。

バンコクの「赤バス」
バンコクの「赤バス」

午後11時~午前5時までの深夜運賃も同日より8バーツから9.5バーツへと1.5バーツの値上げとなります。

通称「赤バス」と呼ばれるバンコクの路線バスは赤色とクリーム色の車体が特徴。距離によらず運賃は一律ですが高速を通る路線についてはこれ以外にプラス2バーツが必要です。

路線バスのバス停

1月21日からはエアコンバスも同様に値上げされるものの、ドンムアン空港及びスワンナプーム空港と市内中心部を結ぶエアポートバスについてはこれまで通りで料金の変更はありません。

A1(ドンムアン空港~BTSモーチット駅)30バーツ
A2(ドンムアン空港~戦勝記念塔) 30バーツ
A3(ドンムアン空港~ルンピニ公園) 50バーツ
A4(ドンムアン空港~カオサン・王宮前広場) 50バーツ
A5(ドンムアン空港~フューチャーパーク) 30バーツ
S1(スワンナプーム空港~カオサン・王宮前広場) 60バーツ

関連記事バンコクの路線バスと長距離バスが1月21日より値上げ