ジョグジャカルタの新空港、5月6日より正式に供用開始

インドネシア・ジャワ島のジョグジャカルタに新しい空港、ジョグジャカルタ国際空港(Yogyakarta International Airport)がオープンします。

ジョグジャカルタ国際空港
アンカサプラ1facebookページより

新空港の立地はジョグジャカルタ西部郊外のインド洋に面した海岸線沿い。昨日から試験的な運航が行われていますが、正式な供用開始日は5月6日を予定。



現在使用中のアジスチプト空港は手狭になり、また周囲に線路などもある関係で拡張も不可能なため今回新たに空港が建設されました。

アジスチプト空港
アジスチプト空港

新空港の滑走路長は3,250メートルで旅客対応能力は年間1,500万人。今年末に予定されている第2フェーズ完工後は年間2,000万人の旅客に対応することが可能。なお、空港3レターコードはYIAが割り当てられています。

同空港を管理・運営するアンカサプラ1(Angkasa Pura I)のアナウンスによると、現在運航中のジョグジャカルタ発着便のうちまずは国内線の一部がこの空港に移転するとのこと。

LAKUKAN PROVING FLIGHT, CITILINK SUKSES MENDARAT DI BANDARA INTERNASIONAL YOGYAKARTA (YIA)

最初の定期便として、5月6日よりLCCのシティリンク(Citilink)がジャカルタ・ハリム発着で1日1便就航することが決まっていて予約受け付けも開始されています。

ジャカルタ・ハリム空港⇔ジョグジャカルタ国際空港 (2019年5月6日~)
QG132 HLP11:30 YIA12:40 毎日
QG133 YIA13:10 HLP14:15 毎日

また、5月中にはライオンエア(Lion Air)及びバティックエア(Batik Air)もジョグジャカルタ便を新空港発着とする計画のようです。

設備面ではこれまでよりも充実するのでしょうが、最大のネックはジョグジャカルタ市内中心部からかなり距離がある点。タクシーやバスでの移動には1時間~1時間30分もかかることが予想されています。

空港~ジョグジャカルタ市内間でダムリ社のバスが運行されるほか、空港最寄り駅のウォジョ駅(Wojo Station)やボロブドゥール寺院のあるマゲランなどを結ぶバス路線も今後開設するとのことですが、これまでのアジスチプト空港に比べるとアクセス面で不便になるのは間違いなさそうです。

Yogyakarta International Airport