スワンナプーム空港やドンムアン空港でGoogleの高速無料Wi-Fiに接続

タイ主要空港のフリーWi-FiがGoogle協力の下でシステムを刷新。グーグル・ステーション(Google Station)として、より高速により便利に生まれ変わっています。

バンコクのスワンナプーム空港
バンコクのスワンナプーム空港

接続方法は非常に簡単。スワンナプーム空港やドンムアン空港に到着したらWi-Fi設定画面で「Free Airport-Google WiFi by CAT」というアクセス名を探して選択。

Free Airport-Google WiFi by CAT
Free Airport-Google WiFi by CAT


Google Stationと書かれた画面が立ち上がるので「Start」ボタンをタップ。

Google Station
Google Station

氏名と携帯電話番号を入力して「CONNECT」ボタンをタップ。

個人情報を入力
個人情報を入力

広告が数秒間表示されることもありますが、これだけですぐに接続が完了します。

接続中
接続中

パスポート番号やパスワードなどの入力は必要なく、以前に比べて手軽・簡単になりました。利用できるのは1回につき60分までですが、30分延長することも可能。また、その後も同じ手順を繰り返せば再接続もできます。

Google Stationのキャッチフレーズがfast Wi-Fi for everyone(誰でも高速Wi-Fiを)というだけあって、接続速度も随分と早くなった印象で、今回、実際にバンコク2空港(スワンナプーム空港とドンムアン空港)でインターネット接続した際の速度は以下の通りです。

スワンナプーム空港での接続速度
スワンナプーム空港での接続速度
ドンムアン空港での接続速度
ドンムアン空港での接続速度

タイのSIMカードを持っていない状態でバンコクに到着した時でも、まずこのGoogle Stationに接続すれば高速インターネット環境が確保できるということになります。

あとは、入国後に落ち着いてからSIMカードを購入すればいいですし、乗り継ぎであればとりあえずGoogle Stationだけでも十分かもしれません。

ドンムアン空港
ドンムアン空港

スワンナプーム空港でもドンムアン空港でも入国審査場には行列ができていてかなり待たされるケースが多いですが、そういう時にもネットで情報収集しながら時間が潰せます。

なお、このGoogle Stationはバンコク2空港以外にもタイ空港公社(AOT)が管理するチェンマイ、プーケット、チェンライ、ハジャイの各空港やフアランポーン駅などでも利用することができます。

関連記事フアランポーン駅でGoogleが提供するWi-Fiスポットを使ってみました

また、タイを含む世界各地のGoogle Stationのスポット情報は以下より検索可能です。

Google Station – About