フアランポーン駅でGoogleが提供するWi-Fiスポットを使ってみました

シェア

バンコクのヤワラー(チャイナタウン)で食事をしたついでに、久しぶりにフアランポーン駅にも立ち寄ってみました。

フアランポーン駅
フアランポーン駅

駅構内に入ろうとしたところ、何やらGoogle Station(グーグル・ステーション)と書かれた看板が。

Google Station
Google Station

内容をよく読むと、列車を待っている間に高速Wi-Fiが利用できると書いてあります。フアランポーン駅はGoogleが提供する無料Wi-Fiスポット、Google Stationの対象地点になっているとのこと。

利用方法は至って簡単で、まずはWi-Fiで@FreeGoogleStation-CATというネットワーク名を選択。

ネットワークを選択
@FreeGoogleStation-CAT

個人情報を入力する画面が立ち上がるので氏名と電話番号(日本の携帯番号でも可)を入力。すると以下のような画面が表示されます。STARTをタッチ。

Google Station

最初は広告が表示されるもののすぐにスキップすることができます。

広告が表示される

これでインターネットへの接続が完了です。利用時間は一回につき最大30分まで。

接続完了
接続完了

駅には多くの人がいたため通信速度はあまり期待していませんでした。ただ、実際に測ってみたところ下り・上り共に20Mbps以上のスピードが出ていて快適にインターネットを使うことができました。

接続速度
接続速度

タイではGoogleとタイ通信公社(CAT)が協力してサービスを展開しているようで、現時点での対象スポットはこちら

東南アジアではこの他にインドネシアやフィリピンなどでもGoogle Stationのホットスポット網が広がっていて、サービス提供国一覧やWi-Fiスポット詳細については以下で確認することが可能です。

Google Station – About

フアランポーン駅構内の様子
フアランポーン駅構内の様子